40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


HSBCプレミア
 日経を購読しているのですが、それについてくる折り込み広告の中に『HSBC PREMIER』が入ってました。普段は、不動産/車/家電/スーパーが多いのですが、銀行のは珍しいですね。その広告自体が、新聞と同じサイズで4面もある大きな広告。大型マンションの広告よりも大きく、かなインパクトがあります。HSBCがこのサービスに如何に力を入れているかが判りますね。

 まず1面に『世界でNo.1のブランドが、銀座にやってきます。(じつは銀行です。)』とシンプルに大きく銘打ってます。そう、これは銀座支店Openの広告。そして2,3面には、ウェブサイトと同じメニューの説明。4面は女性の銀座支店長自らの写真を掲載し、あいさつ文があります。支店長だけでなく、リレーションシップマネージャー(顧客担当者)も顔出しなのもビックリ。

 内容としては、海外ネットワークと豊富な外貨預金メニューが、今のところの大きな売りなんでしょうかね。citi bankのcitigoldを意識しているのは明白ですが、今後どの様なサービスが出てくるのかは、興味がありますね。国内の銀行/信託銀行と違って、不動産関連の儲け話(融資)に強いわけではないでしょうから、海外投資関連がメインなんでしょうね。まぁ、そのサービスには割高な手数料がかかるんでしょうけどねぇ・・・。

 日本では表立ってお金持ち相手の特別窓口を設けますって言いにくかった風土があるので、国内銀行/信託銀行/証券会社は個別に富裕層向けに営業活動を行っていたと思いますが、そのうち同じ様なメニューを展開するんでしょうかね。こういうセグメント別ブランディング戦略は、外資が得意なので、負けじと頑張って欲しいですね。


テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント
日本の場合は、『金持ち限定で~』とか言うと敵に回すんでしょう。
逆に富裕層と言えば、自分には関係ないと思ってそこまでしない風潮があるように思います。

それにしても富裕層向けのの商品ってどんな物か気になります。
今の私には100万持って行って門前払いされるレベルですが、、未来の私がそう行った所で話が聞けるようになりたいものですね。
【2008/07/13 14:57】 URL | にっしー #oRooDVwU [ 編集]

富裕層への商品は、私も気になりますが、おそらく高コスト&お任せ&投資単価高いの三重苦でしょうね(笑)。安心と手間はタダではないですからね。
ただ、ライバルのCitiBankもさすがに外貨預金はコスト高と世間で批判されているので、手数料片道無料キャンペーンをしています。やはり、きちんとした競争が発生すれば、健全な方向に向かうことが多いので、今後に期待したいですねぇ!
【2008/07/14 21:04】 URL | ロメオ88 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://romeo88.blog88.fc2.com/tb.php/87-1d779430



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。