40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年12月末時点の運用状況
 2014年の取引が終わりました。一年が経つのは本当に早いですね。2015年後半にはついに40歳の大台に乗ります。ブログタイトルを変えないといけないですね。経年変化に耐えられないタイトルはやめないといけないなぁ。。

 国内株は消費税増税に振り回されましたが、日銀の追加緩和に助けられ、最終的にはまずまずのパフォーマンスでした。最終日の日経平均は昨年を上回り、全体で言えば、悪くない年だったと思います。まずまずの国内株に比べて調子が良かったのが、国内不動産と海外株です。前者は低金利の恩恵、後者は為替+米国の復調ですね。国内株のみの投資に比べて、好調なアセットが全体のパフォーマンスを牽引する形になりました。これでこそ、分散投資をしていた効果が出たな、という年でしたね。

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 46.4%
1412-01

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 75.2%
1412-02

<国内個別株>
(2311)エプコ (NISA)
(2362)夢真ホールディングス
(2391)プラネット
(2413)エムスリー (NISA)
(2493)イーサポートリンク
(2668)タビオ 
(2764)ひらまつ
(2809)キューピー 
(2914)日本たばこ産業 
(3048)ビックカメラ 
(3079)DVx
(3182)オイシックス (NISA)
(3276)日本管理センター
(3512)日本フエルト
(4298)プロトコーポレーション
(4502)武田薬品工業
(4708)もしもしホットライン (NISA)
(4765)モーニングスター (NISA)
(5819)カナレ電気
(6059)ウチヤマホールディングス
(7525)リックス
(7594)マルカキカイ
(7606)ユナイテッドアローズ
(7621)うかい
(8028)ファミリーマート 
(8304)あおぞら銀行
(8410)セブン銀行
(9384)内外トランスライン 
(9432)NTT 
(9437)NTTドコモ 
(9475)昭文社

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)
個人国債(10年、変動)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (+α)
三菱東京UFJ (10万円)
セブン銀行(生活防衛資金)

<海外株 投資信託>
SMT・G・株式インデックス
SMT新興国株式インデックス・オープン

<海外債券>
無し

<海外預金>
無し

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月のサラリーから追加分を捻出しています
--------------------------------------------

 国内株の取引以外には、下記の2つの取引を行いました。引き続き過熱感に対する微修正です。

 一つ目は国内不動産の一部売却です。これで3ヶ月連続です。本当は先月で打ち止めの予定だったのですが、思いの他、力強い上昇だったため、最終日にまた100株売却です。この売却を終えても来年の目標比率を維持できているので、本当に力強いですね。

 二つ目は国内債権の追加購入です。調整をした国内株、国内不動産を元手に変動10年を購入です。マネックスは冬のボーナスキャンペーンを実施していたので、ちょっとだけ得した気分です。これでリスク資産内における国内債権はMRFでの資金待機ではなく、純粋に国内債権だけで5%を超えてきました。2015年はこの比率をもう少し上げる目標を立てようとしているので、この国内債権の追加購入はもうしばらく継続する予定です。

 利食いをしていて思うのが、利益に対して掛かる税金の重さです。軽減税率の廃止に伴い、税率が10%から20%に戻り、その負担の重さを実感してます。これは投資効率を著しく下げますし、パフォーマンスにも影響を与えています。なので、出来る限り売却はしない方が投資効率が良いのですが、一方で利益は実現しないと意味が無いというのも真理であり、割り切って現在の調整を行っています。

 今年も年初や、11、12月で一時的に大きく下げました。その時に常に利食いをしっかりしておけばよかった、とどうしても心の片隅で思うのです。でも全てのポジションを整理するのは得策ではなく、大部分は保有を継続します。その心のせめぎあいの結果、今のリバランスを適宜実行するスタイルに落ち着きました。効率だけではない、心の問題です。投資って本当に奥が深く、だからこそ、飽きないです。そのあたりは、ゴルフに似ていますね。

 これで年内の記事は終了です。2015年も備忘録も兼ねたこのブログを継続していくので、引き続き、ご愛顧お願いいたします。では、良いお年を!
 
<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
1412-03

<各アセットクラスの状況>
1412-04

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://romeo88.blog88.fc2.com/tb.php/348-2bfcbaa0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。