40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生活防衛資金のNext口座
 ここ最近、ニュースにもなっているシティバンクの個人向け業務日本撤退に向けた動きを見まして、生活防衛資金用口座としてメインで利用しているボクとしては、来たる"X DAY"に備えて、資金の振り先の検討を始めました。

 そもそも生活防衛資金を含む国内預金資産とはボクにとって、何なんだろう、という整理からしてみました。

■生活防衛資金を含む国内預金資産とは
・リスク資産に組み込まない、生活費24ヵ月分の安全資産+α
 ⇒失業、転職、病気、怪我、被災等の人生のリスクが出た時の保険的な意味合いが強い
 ⇒長期の縛りの無い、流動資産で保有する
  ⇒具体的には日本円の普通預金での保有を想定
 ⇒大きめの買い物、旅行、趣味、急な出費に対応するのがα部分
 
・市場が大荒れになっても、投資をやめない安心材料
 ⇒リーマンショックを経験した時に本当に心強かったです
  ポートフォリオ全体の動きをややマイルドにします
 ⇒いざというときは、α部分を臨時追加資金として投入し、パフォーマンス向上を狙う予備資金となる

・無駄にお金に固執せず、長期的な視点で物事をとらえることのできる精神的ゆとり
 ⇒仕事でも人生でも、金銭面でゆとりが無いが故に選択肢が狭まる場面が多々ある
  ⇒その時に後悔をしなくて済むような精神的な支えになっている

 
 では、ボクにとっての生活防衛資金+αの定義をしたところで、次に、生活防衛資金に求められる要件はなんでしょうか?

■生活防衛資金に求められる要件
・安全資産である
 ⇒預金保険機構の保証の範囲内で保有する
  ⇒金融機関の信用度に左右されない口座にする

・利便性は悪くても良い
 ⇒基本的には入出金をしないので、利便性が薄く、引き出しにくい方が、この仕組みを維持しやすい
  ⇒でも、契約面で拘束は入れたくなく、流動性は確保したい

・単なる銀行口座ではなく、尖った側面がある
 ⇒ある程度の金額なので、単なる預金口座では無い、差別化され利点を求めたい
 ⇒金利の優位性、優遇された手数料、ブランドイメージ(保有の満足)
  

 上記の整理により、これまでは、シティバンクを使用していました。上記要件をある程度満たしていて、特に海外でATMから引き出せるサービスは他に追随を許さない尖った側面でした。

 そんなシティバンクでしたが、ボクなんかは口座にお金を入れているだけ、投資信託を買う訳でもなく、外貨預金をする訳でもなく、手数料を落とす行為はほとんどせず、他行利用によるATM手数料無料を謳歌し、この低金利下では全くの赤字顧客だったと想像します。

 次回は、上記を受けて、取ろうとしているアクションを記事にします。






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://romeo88.blog88.fc2.com/tb.php/335-35dcc923



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。