40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


外国株の取り扱い
 外国株についてはどうもテンションが上がらず、完全に放置が続いています。

 昨年末に税制変更時に一部を利確しましたが、「SMT・G・株式インデックス」は約2年、「SMT新興国株式インデックス・オープン 」は約1年半ほど、追加購入をしていません。

 主な理由としては、為替が動き利益が順調に乗っかっていること、特に米国株が好調で割高感があり追加投資をなんとなく躊躇していること、ポートフォリオの比率は許容範囲内で何とか留まっているが挙げられます。

 ただ、このブログ内のポートフォリオでは反映されていない要因も実はあります。

 それは、401kと自社株です。

 401kは3年前くらいから導入されています。毎月コツコツと強制的に拠出をして、積み立てています。ボクは401kのメリットを最大限活かそうと、リスク資産の比率を大きくとっています。当初は国内株もありましたが、アベノミクスでの高騰を受け、リバランスを実施して、現時点では、外国株投信(先進国60%、新興国40%)のみを積み立ててます。

 自社株については、補助金の出る自社株買い(積立)はしていないのですが、インセンティブや勤続年数に応じた付与が適宜あり、自ら資金を捻出しなくてもまずまずの保有数があります。

 どちらも今のところは、このブログのポートフォリオには組込/反映はしないつもりですが、やっぱり頭の中では外国株を追加で保有しているという前提条件として考えてしまいます。自己矛盾をしている状態なので、自社株は売却も出来る流動性を持っているので、反映させても良いかなぁとは思っています。

  ポートフォリオ全体を眺めていて、何となく思ったことの備忘録でした。

 


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://romeo88.blog88.fc2.com/tb.php/328-096e1e24



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。