40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国内株の分類
 今後、リバランスをしようと考えていますが、その対象となるであろう国内株の売却指針、カテゴリーを事前整理をしてみました。保有銘柄が多くなってきているので、頭の中で何となく考えていることを書き出し、整理をしておこうと思います。これは急騰/暴落時に行動を起こす指針にもしたいと思っています。

■カテゴリー
1)将来的な値上がりを期待し、下落時に買い増しをし、大きく稼ごう銘柄
 ⇒日々のスクリーニング活動で見出した将来性豊かな銘柄を対象とし、アップサイドを積極的に狙う

(2311)エプコ (NISA)
(2362)夢真ホールディングス
(2413)エムスリー (NISA)
(3079)DVx
(3082)きちり
(3276)日本管理センター
(4708)もしもしホットライン
(6059)ウチヤマホールディングス
(8410)セブン銀行

2)割高となったら売却する銘柄
 ⇒優待/配当目的だが、他の銘柄で代替が効くので、保有に固執しない
  ただし優待/配当があるので、マイナスでも持ち続ける

(3512)日本フエルト (年1回Quoカード)
(4298)プロトコーポレーション (年1回カタログギフト)
(4765)モーニングスター (年1回自社サービス)
(9384)内外トランスライン (年1回カタログギフト)
(9974)ベルク (年1回商品券)

3)割高になった時は最低単元数だけを保有継続し、残りは売却する銘柄
 ⇒優待/配当目的で、優待/配当内容が他の銘柄で代替が効かなく、保有に固執する
  優待が無い配当目的銘柄は、3,6,9,12月以外の配当月を想定

(2391)プラネット (7月、1月配当)
(2493)イーサポートリンク (年2回の自社製品) 
(2668)タビオ (年1回の自社製品)
(2712)スターバックス (年1回の優待券)
(2809)キューピー (年1回の優待品)
(2812)焼津水産化学工業 (年1回の自社製品)
(2914)日本たばこ産業 (年2回の自社製品)
(3048)ビックカメラ (年2回の優待券)
(3099)三越伊勢丹ホールディングス (年2回の優待カード)
(4502)武田薬品工業  (年2回の高配当)
(4578)大塚ホールディングス (年1回の自社製品) 
(5819)カナレ電気  (年2回のQuoカード)
(5909)コロナ  (年2回のQuoカード)
(6328)荏原実業  (年2回のお米券)
(7291)日本プラスト  (年2回のQuoカード)
(7525)リックス  (年2回のQuoカード)
(7594)マルカキカイ  (11月、5月配当)
(7606)ユナイテッドアローズ  (年1回の割引券)
(8028)ファミリーマート  (2月、8月配当)
(8304)あおぞら銀行  (年4回配当)
(9432)NTT (年2回の高配当)
(9437)NTTドコモ (年2回の高配当) 

 定期的に見直しはすると思いますが、まずはガイドラインとして。強烈な相場の時は、3の一部を残して売却するとか、1は投機的位置づけなので比率が大きくなりすぎないようにする(国内株の20~40%位が目安)と、でしょうか。

※ 万人向けではないので、あくまでボク自身の基準なので、ご注意願います。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://romeo88.blog88.fc2.com/tb.php/327-b4f47d03



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。