40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海外株の目標比率
 エジプトにおける民主化の流れが中東世界に大きな影響を与え始めてますね。このITを駆使した民主化運動、世界は大きく動いてますね。

 そんな中、保有している海外株について、今一度状況を整理をしてみました。併せて今まで海外株における比率について公開していなかったので、その内訳と考え方について記載してみます。

1102-kaigai
<内側:現状 外側:目標>

 メインは先進国のインデックスファンドである『STAM・G・株式インデックス』です。目標は海外株式の半分である50%を占めてます。やはりメインは先進国を投資先とする銘柄が来ます。成熟市場ではありますが、緩やかな成長を享受したいと思います。

 サブとしては、新興国のインデックスファンドである『STAM新興国株式インデックス』です。目標は比率は35%で、約1/3を占めてます。今後の成長が期待できる市場なので、リスクも高いですが、積極的にリターンを狙っていきたいと思ってます。

 そして残りが、スパイスの効いた2銘柄。中国とCitigroupです。中国の成長率を期待して投資を開始した頃からの保有である『三井住友ニューチャイナファンド』。信託報酬率が1.89%ととんでもなく高いです。早く整理をしないとなぁと思いながら、保有して既に3年以上。見て見ぬふりをしてきましたが、そろそろ何とかしたいなぁと思っている銘柄です。今後、STAM新興国に統合するのか、それともETFに乗り換えるか、どうしたものか。。

 もうひとつのスパイスは、Citigroupです。こちらはまずまずの成果が出てます。一時期は冷や冷やしながらの保有でしたが、最近は安定してます。まだまだ継続保有ですが、いつの日か利確をしたいです。

 こう見ると海外株は結構リスクを取っている状態かなぁと思いますが、国内株においては内需をメインに構成しているので、これはこれでOKと自分に言い聞かせてます。世界人口の増加はまだまだ続くようですし、世界経済は今後も成長していくことが予想されてます。その恩恵の源泉は新興国に現れることを信じて、頑張りたいと思います。

 一方、生活防衛資金を含む全体資産から見ると、海外株は21%程度。その中で新興市場への投資は10%程度。その視点から見ればまだまだ低く、今後比率を上げる余地はあるのかなぁとも思ってます。

 今後もバランスを考えながら比率をゆったりと調整していきたいですね。




テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://romeo88.blog88.fc2.com/tb.php/255-212ff82b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。