40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海外株投信を変更
 ここ最近の課題でした海外株投信をついに変更しました。ようやく損益ゼロになったので、気の変わらないうちに実行です。

 2007年7月から積み立てをしていた「トヨタアセットバンガード海外株式ファンド」を「STAMグローバル株式インデックス・OP」に変更です。トヨタ…は先進国と新興国が一緒になっているのが難点でした。できれば、先進国と新興国は分けて管理したかったので、パフォーマンスはほぼインデックス値と等しく、満足はしていたのですが、おまとめ投信は卒業したいと思ってしまいました。

 以下の表が今回比較した対象です。

海外株投信

 選考のポイントは、以下です。

・申込手数料がない ・信託報酬率が低い 
・純資産残高も豊富 ・先進国と新興国が一緒ではない  

 これらを照らし合わし、まず消えたのが、ETFです。運用開始直後で純資産総額が少なく、検討対象外にしました。都度取引手数料が発生するのもマイナスです(マネックスポイントを国内不動産ETFにあてているので、これ以上、定期的に購入するETFを増やしたくなかったというのもあります)。

 同じ理由で、eMAXISも同じ理由で対象外となりました。マネックスポイントが発生しないのもちょっと痛いですね。とはいえ、信託報酬が一番安いので、マネックスポイントにならないのは、本当はカバーできるのですが、まぁ心理的な問題ですね。資産残高が現時点では少ないのもマイナス点でした。

 続いて、年金積立とSTAMで検討しました。どちらも1年以上は設定から経過してます。申込手数料も0%。純資産総額もまずまず。となると、単純に信託報酬が少ない方が良いと思い、STAMに決定しました。

 変更に伴い、先進国と新興国の比率も見直しました。今までは、トヨタ…の新興国5%含んだのも考慮して計算すると、2:1(先進国:新興国)でした。そして、変更後は、1:1(先進国:新興国)です。将来の世界経済図を考慮し、今後も伸びるであろう新興国の比率を高めました。もちろん新興国については、積み立て中の「STAM新興国株式インデックス・オープン 」を利用してます。

 今回、変更して感じたことは、非常に手続きが心理的に面倒くさいと感じたことです。個人的に管理しているエクセルの変更に伴う元本と時価の計算や変更に伴う価格の連続性が失われる点など、物理的にはそんなに影響は無いのですが、心理的に重かったです。当面は、今回のような変更は無いようにしたいですね。

 やっぱりほったらかしにできる銘柄に集中するというのが、ボクには合っているなぁと改めて感じました。




テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://romeo88.blog88.fc2.com/tb.php/223-35f57c2c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。