40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国内不動産についての方針 参考書
 2回に亘って国内不動産について記事にしましたが、参考にした本を紹介します。多くの本を立ち読みしましたが、これが一番しっくりきたので、購入して数回読みました。


不動産投資、成功の方程式 (朝日新書)不動産投資、成功の方程式 (朝日新書)
(2009/10/13)
倉橋 隆行

商品詳細を見る


■書評 
 『不動産投資とは物件を購入して他人に貸し、その賃料を得て収益とする投資である。

 バブリーなイメージがあるのも事実だが、本書が説くものは堅実である。不動産コンサルタントの著者は、不動産投資とは短期間で一気に儲かるという性質のものではなく、継続して長期的に運用することで成り立つ地道な投資だと考えることを勧める。

 本書では、サラリーマンやОLでも家賃収入を得て、安全・確実に資産を形成できる方法を解説。ローンの損得勘定や、物件の価値を数値化して判断するワザ、自分の収入にあった物件選び、うまい話の落とし穴なども披露している。』




 この本では、現物不動産投資について記載した新書です。ボクは現物投資派ではないので、この本を読んだことで、早速始めてみようと思った訳ではないですが、不動産投資の良いところ/注意しなくてはいけないところ/投資に対する基本的な考え方など、参考になりました。全般的に著者の宣伝が散りばめられているので、セミナーに行ってみたいって思う方もいると思います。

 不動産投資のメリットとして大きく挙げているのは、他の投資方法に比べて比較的簡易にレバレッジを効かせて、運用ができることとしてます。同じ利回りでも元本が大きければ大きいほど、実額ベースの身入りが大きくなります。FX/信用取引/証券担保ローンなどでは、住宅ローンほど低利にレバレッジを効かすのは難しいでしょう。そして不動産収益を生活費とするのではなく、そのまま次の物件の頭金しつつ、購入済みの物件を担保に入れて、再投資。それを繰り返し資産を増やしていく。

 この考えは投資元本が少ない人でもやりようによっては、資産を効率よく増やしていけるでしょうね。数値に基づいて判断し、効率よく物件を分散しながら、レバレッジを上手く使う。残念ながら、ボクはこの方針は採ってないので、レバレッジを効かすことは無いですが、物件の分散や収益をそのまま再投資をするなど、共感できる部分も多いのも事実です。

 なのでボクは、J-RIET指数連動ETFで、毎月の投資で時間分散しつつ投資元本を増やし、配当は再投資し更に元本を増やす、ETFだからこそ、少額から始められます。今はまだ元本は大きくないですが、末長く続けることで、キャッシュを生み出す資産を積み上げてきます。





 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント
こちらもご覧頂けますか?
初めてコメントさせて頂きます。
山本 博 と言います。

twitter~ブログ、と辿ってここに来ました。

ブログのメッセージを拝見させて頂いたのですが、まだ、不動産投資に対して興味はお有りでしょうか?

不動産投資に関しては今回お読みになった本もそうですが、様々な本が出版されていますが、新築物件の投資に関して出版されている本がほとんどないので、皆さん単純に不動産買うなら中古、と思っている方が多いようですが、こちらをちょっとご覧頂けますか?
http://hiroc217.blog40.fc2.com/blog-category-7.html
カテゴリー(右側のフレーム)から個別のテーマでご覧頂くことも可能です。

新築と中古での現実の違いとかも、誰も書かない中古の落とし穴みたいなことがここに書いてありますので、是非一度目を通して頂けると、必ず参考になると思います。

ご覧頂いた上で、是非感想などを頂ければ幸いです。

こちらに直接メール頂いてもOKです!
hirocy@live.jp

いきなりで申し訳ありませんが、よろしくご査収下さいませ。

山本 博
【2010/03/31 16:56】 URL | ひろし #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://romeo88.blog88.fc2.com/tb.php/203-bd81d9e1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。