40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CitiBankから個別営業がきた
 先週、CitiBank GoldCenterの担当者から自宅の電話に伝言が入ってました。内容を聞いてみると、「特に急ぎではないのですが、お電話しました・・・、また改めます。」とのコト。営業活動の一環なんだと思いますが、積極的に活動しているようですね。

 まぁ、金融商品をCitiBankから買うつもりは今のところないので、無視してたら、今度は自宅に投資商品のパンフレットが送付されてきました。なるほど、電話はこれの前触れだったのね。送られてきた中身は、外貨預金と投資信託の二種類。CitiBankのWebサイトにも頻繁に出てきている商品。

・「
円建て分配金確保型ファンド0809」 
・「
外貨預金キャンペーン(手数料・金利優遇型、投資信託と円定期預金セット型)

 うーん、どちらも高コスト商品。特にファンドの方は、交付目論見書もセットで届いたので、暇つぶしに読んでみました。その実態は・・・

お申込手数料:1億円未満(!):3.15%(税込)、3億円(苦笑)以上:2.10%、3億円以上(あらら・・・):1.05%

 もうこれだけでも、ビックリ。まったく恐ろしい世界ですね。サラリーマンには想像できない世界です。でもやっぱりいるんですよね、こういう設定をしているからには、3億円以上購入する人が。

 そして、信託報酬(信託期間3年間)、分配金はというと、、

 信託報酬:設定後1年間:年率2.5515%、2年目以降:0.6615%
 分配予定%:1年目:約24.0%、2年目以降毎期四半期:年率0.5%

ここで、CitiBankの説明分もつけちゃいます。一部ボクのコメント入れてますが・・・

 『 円建てで初回分配金約24.0%(予定、税引前)確保を目指す点がお勧めできる特徴になります。分配金を確保できるのは、一定幅以上の価格上昇メリット放棄と価格下落リスクの甘受により、投資利回りを引き上げているからです。「これからあがるだろうけど、まだ下がるかもしれない・・・」そんな心配には、『決められた収益(分配金)以上の部分を受取らない代わりに、40%の価格の下落までは投資元本の確保と分配金確保を目指します』、という点で解消できるのではないでしょうか。大きく儲からなくていいけれども、そこそこのリターンだけは享受したいという方に合った商品と考えます。

<ファンドの特徴>
■ 初回分配金約24.0%(予定、税引前)確保を目標
■ 参照為替レートは、ブラジル・レアル、ノルウェー・クローネ、トルコ・リラ
■ 一定条件下での投資元本の確保
■ 期間は最長3年、最短1年の早期償還あり

<こんな人におススメ>
■ 日本円で運用したい。
■ 分配金が確保されるとうれしい。
■ できれば短期間で利益を得たい。
■ 成長過程にある通貨に興味がある。

※最低購入金額 1,000,000円 (なるほど、さすがCitiBank、ハードル高いね)  』

 うーん、ちょっと難しいですね。要するに、「1年目の分配金は購入時に確定するから安心してね、2年目以降の分配金ははスズメの涙だけどね。もちろん、元本は為替相場の変動次第では元本割れも発生するし、カントリーリスク、価格変動リスクもあるよ。でも、1年目の分配金は約24%(3年トータルリターンは約25%,年率約8.3%)もあるし、高度な金融テクニックを駆使して損失も回避できるようにしてるし(でも一定の条件の範囲内でね)、魅力的でしょ。」と言ってます(この段落はボクの勝手なコメントです、あしからず)。

 でも、トルコもブラジルももっと高金利ではなかったような・・・?個別にはこのようなユーロ円債を購入する手段や発想があまり無いので、それを可能にするという意味では、この商品にアドバンテージはあるかもしれませんが。あと、何となく、凄そうとかね。

 百歩譲って外貨預金の為替手数料キャンペーンが気になるところでしょうか。普段から低コストのインデックス債券ファンドやコスト面で外貨預金より有利な外貨MMFを利用しているボクからしてみると、まったく触手が動きませんでした。まぁ、とにかく総じてコストが高いです。

 かなり掻い摘んで商品説明しているので、気になった方はリンク先にあるの交付目論見書を読んでみて下さい。よく読めば読むほど、難しくてよく分からないと思いますが。

 って、ダラダラ長文となりましたが、改めてCitiBankから金融商品を買うことは無いな、と思った出来事でした。CitiGoldの今後のアプローチについては気になると思う気持ちもあるので、アクションがあれば、またアップしたいと思います。




テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント
はじめまして

どういう風に、「<ファンドの特徴> ■ 初回分配金約24.0%(予定、税引前)確保を目標 」を実現するのだろうとか結構不思議です。

マジ難しそうじゃないですか!っというかありえない。。。
【2008/08/23 12:22】 URL | silencejoker #- [ 編集]

こんばんわ、ぶち犬です。
この手のオプションを駆使した金融商品には近付かない方が良いですよね^^;

利益は限定、損失は無制限。為替がCitiBankに有利になったら満期まで。不利(投資家には有利?)になったら早期償還という事でしょうか???
・・・・・う~ん、見れば見るほど分かりませんw;

抱き合わせのキャンペーンも特別金利が付くのは1ヶ月だけ。
年率0.23%をもらう為に2~3%の投信手数料を取られたのでは堪らないですね(--
【2008/08/23 23:29】 URL | ぶち犬 #- [ 編集]

>silencejokeerさん、おはようございます。

 おそらくオプション取引とか色々と利用して実現しているのでしょうが、
複雑な仕組みの商品はコストが高いって相場が決まってますからねぇ。
じっくりと商品を見極めていきたいですね。
【2008/08/25 08:10】 URL | ロメオ88 #- [ 編集]

>ぶち犬さん、おはようございます。

多分、そういう仕組みなんでしょうね。
昨年の8月の下落で、ワンタッチ水準に達し、
元本保証が外れた投信もありましたけど、これもその類ですね。
しかし、Citibankは顧客に投信の販売もしつつ、自社の利益も狙っていく、
頭の使った(ずるがしこい?)商品を多く出してますねぇ。。
【2008/08/25 08:20】 URL | ロメオ88 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://romeo88.blog88.fc2.com/tb.php/103-a219a1d3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。