40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年1月の国内株取引
 2016年の初めから大荒れの市場に右往左往した月となりました。昨年からの原油安に引っ張られ新興市場の低迷が遠心力を増し各国の市場を乱高下に陥れました。

 それに釣られるように、私のポートフォリオも大きく毀損しました。そんな中、いくつかの銘柄を整理し、また、いくつかの銘柄は買い増しを行うことで、どこの銘柄に今後注力していくのかを明確にしていきました。この整理がうまくいくか、これからが楽しみです。

【購入】
(2764)ひらまつ
 ⇒一度は手放した銘柄ですが、やはり優待の魅力に負け、再度購入することにしました。ちょいちょいレストランを使う機会があり、やはりちょっと得した気になります。料理の単価は高いので、優待を利用することで少しでも懐をいたわりつつ、楽しく利用していきたいと思っています。ホテル事業もうまく軌道に乗るといいな、とも思っています。

【9728】日本管財
 ⇒優待目的の銘柄を一つ追加しました。100株以上の保有で2,000円相当のカタログギフト商品で、3年以上継続保有の場合3,000円相当となります。何が良いって、権利確定が3,9月と年2回あることです。業績自体も順調で、ビルの設備、警備、清掃を中心にした総合管理会社ということもあり、安定のストックビジネスです。末永く保有できればと思っています。

【追加購入】
(2267)ヤクルト
 ⇒はっきり言って高値掴みをしていた銘柄です。優待に目がくらみ食品株が軒並み高値を更新していた時期に購入したため、ずーっとマイナスの状況が続いています。業績自体はそれほど悲観するほどではないのですが、期待値以上ではないと思っています。とはいえ、伸びしろのない国内ではなく、海外(特にアジア圏)での浸透は着実に進んでいると思い、ここは平均単価を下げることで、将来の糧にしようと追加に踏み切りました。

(3082)きちり
 ⇒12月の権利落ち後にスルスルと下落してきたのを機に買い増しです。本当は権利落ち前に一部利確をしようと思っていたのですが、年末のバタバタで忘れていました。保有数を引き上げたので、今度こそはしっかり利益を確保できるように注視したいと思います。また、飲食銘柄は保有率が低いので比率を上げる目的もありますね。

(3099)三越伊勢丹ホールディングス
 ⇒株価が更にスルスルと落ちてきたので、再度追加購入です。個人的にはまだまだインバウンドの勢いは一時ほどではないですが、継続するとみています。為替が大幅に円高に振れていかない限り、個人消費レベルではまだまだ訪日外国人は衰えないという読みです。特にこれから迎える中国の旧正月にあたる春節前後の大型休暇には期待をしています。

(7730)マニー(NISA)
 ⇒12月の参入から続けての購入となりました。だらだらと下落しているのをいいことにポツポツと買い増しをしています。NISAでの購入といういうこともあり、長期の目線で上昇カーブをまた描いてくれることを期待しています。

(8202)ラオックス
 ⇒こちらも上記と同じ理由で買い増し(ナンピン)です。株価の変動が激しいので精神的にきますが、下落の勢いも止まってきたので、反転を期待したいものです。ここから大きくさらに下げるようだとリスク管理の観点から、撤退もしないといけないとは思っていますが、どうなるやら。

【全売却】
(3276)日本管理センター
 ⇒上記の購入原資にするために利益の乗っているこの銘柄をリストラ対象としました。理由は不動産銘柄の比率を下げたかったからです。いつか記事にしますが、今年、不動産の大きな買い物をする予定なので、REIT以外はちょっと比率を落とそうと思った次第。日銀のマイナス金利突入を機に大きく反転しそうですが、その恩恵はREITで受けることで我慢しようかと。


【一部売却】
(7594)マルカキカイ
 ⇒ちょっと売却するタイミングを逸した感じがありましたが、いったん優待対策の100株を残し、撤退です。11月末の権利確定前後でもう少し処分をすればよかったと若干更改していますが、トータルではある程度満足のいく利益を確保できたので、良しとしないといけません。しかし月初に決断してよかった…月末にかけてホントに下落したからなぁ。。

(9384)内外トランスライン
 ⇒こちらも12月の権利落ち後に200株を残して撤退です。悪くない銘柄なのですが、優先順位を落とすために決断です。毎年選んでいるのは「カゴメ フルーツ&野菜飲料ギフト」で、とても重宝していることもあり、完全撤退は今後もしない方針です。

 
 こう見るとはやり変動の大きい月は売買頻度が高くなることがよく分かります。本当は安定している高値圏で整理をして余力を貯めておき、このような変動時に動く、ということが出来ればパフォーマンスが改善されること分かってはいるけど、実行できていないのが現状です。まだまだメンタル面の修業が足りないですね。。




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。