40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年2月の国内株取引
 日本市場は力強い上昇が続いていますね。これまでの傾向からビビッてすぐ利確をしてしまうところですが、今回は割と全体的に踏ん張っています。保有している銘柄はまだ割高だと思えるレベルに達していないと腹落ちできているからでしょうか。とはいえ、ビビッた銘柄もあり、多少の取引は実施しました。

【売却】
(8202)ラオックス
 ⇒よく見たら最近の運用状況の一覧に入っていませんでしたが、実はまだ100株持っていました。中華圏の旧正月を向かえ「爆買い」といったフレーズもよく耳にするようになったので、潮時かと思い売却しました。長期保有をするには指数的にはかなり無理があり、日々の変動幅も大きいことから、保有を継続するにはしんどい銘柄と思っていました。利益を十分にとることができたので満足です。

【一部売却】
(6059)ウチヤマホールディングス
 ⇒完全に見切売りです。優待基準の最低レベルの保有数まで引き下げました。3Qまでの状況も芳しくなく、得意のセールスアンドリースバックを発表しても盛り上がらない株価、当面この状況が続くと判断し、優待目的株に位置づけを変更しました。やはり介護報酬の改定インパクトが大きいんでしょうね。細々と保有を継続し、見守っていきたいと思います。

【新規購入】
(4589) アキュセラ・インク
 ⇒1月に武田を売却し、製薬会社の保有がなくなりましたが、やはりこの市場の成長性は捨てがたいものがあり、新たにこの銘柄を追加することにしました。マザーズに上場していますが、外国(USA)株式扱いで臨床開発段階のバイオ製薬企業となります。知ったきっかけは東京お台場で昨年開催された日経IR・投資フェアに出展をしていて、Funderの窪田さんが熱弁を奮っていたのが印象的だったので、それ以来チェックを続けていました。
  眼疾患の治療に貢献する革新的な新薬を生み出すと言うのをも応援したくなる内容です。健康診断で稀に眼圧が強いから緑内障には気をつけて、と言われたことがあります。日常的に何かすることはないですが、その言葉はなんとなく心に引っかかっていました。それに有効な新薬を大塚製薬と提携し開発をしているというのも、個人的にも期待したい要因です。とはいえ、内紛のような臨時株主総会の開催の要請をしていたりと、非常にリスキーな投資であることは変わりないので、宝くじ感覚でポートフォリオの一角に眠らせておきます。


 このまま日経平均は20,000円に向かっていくんですかね。攻めの姿勢を保ちつつも守りも固めていく気持ちに変わりはありません。自分にとって納得のいく判断をしていけるように油断せずに市場を見守っていきたいです。



スポンサーサイト

(7594)マルカキカイ より洋菓子が到着
 保有している銘柄のうち金額ベースで第4位に位置する(7594)マルカキカイ より優待品が到着しました。11月末決算と貴重な銘柄です。

 マルカキカイは大阪府茨木市に本社を置く産業機械、建設機械の専門商社で、海外へ多くの拠点を持ち、海外進出企業の支援を得意としています。 産業機械は自動車向けがメイン、工作機械も得意です。建設機械は国内の公共事業の拡大と追い風も吹いています。

 昨年
10月11月と買い増しをして、500株分の優待が手に入る水準以上まできました。今年に入って行った2014年11月期の決算報告で、増益、5期連続増配、12万株の自社株買いとかなり良い発表したため、急騰しています。目論見通りでちょっと嬉しいですね。

■マルカキカイ(20150213、2年チャート)
 
マルカキカイ_20150215

■マルカキカイ業績
マルカキカイ_20150215-02

 東証一部の銘柄ですが、時価総額が200億未満、PBR1倍未満、PER10倍未満、一般には馴染みの薄い業種と、典型的な割安株です。急騰した後でも、まだ数値的には割安な状況にあると思います。業績面で見てもここ数年は順調に成長をしており、円安の恩恵もうまく受けています。2016年11月期に向けた意欲的な中期経営計画(営業利益35億円)に期待をしているので、当面は継続保有していきたいと思います。

■優待品の洋菓子
マルカキカイ
 
 で、届いた優待の洋菓子(モロゾフ)です。昨年は100株分の優待をもらったのですが、その時は1,000円分(2箱)でした。今回は500株分なので、2,000円分(4箱)です。ちょうどバレンタインデーの頃に届くんですよね。個人的には左上、右下のデザインがとにかく懐かしいです。

 なにせ、地味な銘柄ですからね。もっと投資家の目に触れるようにIRに力を入れて欲しいなぁ。




2015年1月末時点の運用状況
 2015年の始まりは大きく下げるところから始まりましたが、月末には盛り返し、プラスで1月を終えることができました。最近はこのパターンが多いですね。2014年3月から前月比プラスが継続できているので、2月もプラスで終えられれば、丸1年右肩上がりとなり、過去最長記録となりそうです。輸出企業を中心に3Q好決算発表が続いているので、期待したいところです。

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 48.6%
1501-01

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 77.2%
1501-02

<国内個別株>
(2311)エプコ (NISA)
(2362)夢真ホールディングス
(2391)プラネット
(2413)エムスリー (NISA)
(2493)イーサポートリンク
(2668)タビオ 
(2764)ひらまつ
(2809)キューピー 
(2914)日本たばこ産業 
(3048)ビックカメラ 
(3079)DVx
(3182)オイシックス (NISA)
(3276)日本管理センター
(3512)日本フエルト
(4298)プロトコーポレーション
(4708)もしもしホットライン (NISA)
(4765)モーニングスター (NISA)
(5018)MORESCO
(5819)カナレ電気
(6059)ウチヤマホールディングス
(7525)リックス
(7594)マルカキカイ
(7606)ユナイテッドアローズ
(7621)うかい
(8028)ファミリーマート 
(8304)あおぞら銀行
(8410)セブン銀行
(9384)内外トランスライン 
(9432)NTT 
(9437)NTTドコモ 
(9475)昭文社

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)
個人国債(10年、変動)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (+α)
三菱東京UFJ (10万円)
セブン銀行(生活防衛資金)

<海外株 投資信託>
SMT・G・株式インデックス
SMT新興国株式インデックス・オープン

<海外債券>
無し

<海外預金>
無し

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月のサラリーから追加分を捻出しています
--------------------------------------------
 
 今月から2015年の目標に変えました。大きな変更点としては、国内債券の比率を大きくしたところです。実際には昨年後半から徐々に比率を増やしてきましたが、明確に目標も変更です。国内預金は少々大きめな出費の予定がありそうだという理由もあるのですが、それに加え、リスク資産が増え、相対的に比率が下がることを考慮しての目標です。国内不動産は過熱感を考慮し縮小、海外株は簿外の401kと自社株を考慮し比率を下げています。

 国内不動産は上昇傾向が収まり、一息ついた感じですかね。昨年末に100株売却した際に、これで当面打ち止めと思っていましたが、色気を出して段階的に高値で指値を入れていた200株がヒットし、売却できてしまいました。ちょっと想定外でしたが、現時点では高値で売却できて良かったと思うことにしています。

 あと、国内債券の追加購入も実施しました。金利低下でうまみは全く無いですが、確定した利益をプールするイメージです。複利効果の恩恵は受けられないですが、当面は防御を固める流れを意識して進めたいと思います。
 
<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
1501-03

<各アセットクラスの状況>
1501-04




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。