40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国内株の追加(2013年11月上旬)
 11月下旬は円安が進み、株価が上がってきましたね、日本だけでなく、アメリカ株も順調です。実は前回の記事以降、相場が上昇を始めるその前にあと2銘柄を追加していたので、記事にしておきます。

 (7594)マルカキカイ (東証1部)

 産機・建機併営の中堅商社です。産機は自動車向け中心。日・米・中・東南アジアの4極体制で展開してます。11月決算で優待が100株以上保有でグルメセット(洋菓子)1,000円相当が頂けます。

 普段生活をしていると全く接点のない業種のため、自分にとっては非常に地味に感じますが、ポートフォリオ分散の観点から購入しました。業種、指数的に割安だけど、財務状況も堅牢なので末永く保有が出来るなと思っていたら、11/20に配当予想修正を発表、従来予想の普通配当11円に加え記念配当金2円を実施し、期末配当は合計で13円(前実績11円)となったため、グッと株価が上がっています。発表前に買えてよかった、とホッとしています。

 (8304)あおぞら銀行(東証1部)

 もう一つは高配当で有名なこの銘柄。旧日債銀。06年再上場。米サーベラスは全株放出、独立系として再出発。公的資金返済に道筋をつけてます。配当性向も高く、年4回の配当を実施するため、6月、12月と不足をしている月を埋めるためにちょうど良いなと判断しました。特に深い思い入れはなく、単に高配当を享受するのを目的としてます。

 株主優待として1,000株保有で、投資信託を購入する際に100万円につき2000円の商品券を贈呈とありますが、さすがにあおぞら銀行で購入はしないかなぁ…

■国内株保有一覧
1310-07


 これで計24銘柄となりました。まだ目星を付けいている銘柄が複数あるので、タイミングを見て追加をしていきます。銘柄を増やすだけではなく、これはと思える銘柄には将来の売却益を狙って、保有数を増やしていきたいと思います。

 そして、ようやくですが、「もしもしホットライン」の3月末優待の「新潟県魚沼産コシヒカリ新米2kg」が届きました。ここのところ優待銘柄を増やしているので、こういう楽しみの機会を増やしていきたいですね。

 

スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


国内株の優待/配当状況
 10月は国内株の銘柄を増やしたので、優待/配当の表を作成しました。切れ目なく、満遍なく権利獲得が出来るようにしていきたいので、隙間の多い月を減らせるように意識していきたいと思います。ただ無意味に選ぶのではなく、自分の中で納得のいく銘柄であることはもちろんなんですが。

 で、実は11月に入って、もう一銘柄追加しています。

(2391)プラネット(JASDAQ)

 隙間の月である1、7月権利月の銘柄で、メーカー・卸間の電子データ通信・交換(EDI)仲介事業をメインとし、日用雑貨業界各社とIT会社のインテックが出資設立をしています。
 
■主な株主
•ライオン株式会社
•株式会社インテック
•ユニ・チャーム株式会社
•株式会社資生堂
•サンスター株式会社
•ジョンソン株式会社
•エステー株式会社
•日本製紙クレシア株式会社
•牛乳石鹸共進社株式会社
•プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
•小林製薬株式会社
•ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社
•クラシエホームプロダクツ株式会社

 そうそうたる安定的な株主、高配当を実現していて、成長性は高くはないですが、ある意味インフラ的な会社で私好みのです。今回は100株ですが、徐々に増やしていきたいと思える銘柄です。


 前書きが長くなりましたが、以下が表となります。しょうがない事ですが、3,9月が厚みがありその他の月は手薄な状態です。追加したい銘柄はリストアップしているので、市場の状況を見ながら増やしていきたいと思います。

■国内株保有一覧
1310-06

※REIT-ETFの権利確定月は2,5,8,11月ですが、各月5日なのと支払が他の銘柄より早い為、前月扱いとしています




テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


2013年10月末時点の運用状況
 徐々にですが寒くなってきましたね。平年よりも寒くなるのが遅いので、衣料関係の銘柄にとってはマイナスポイントと思うので、早く普通の秋になって欲しいなぁ。

 10月は今後を見据えてマインドを変化させる月となりました。国内株においては優待銘柄を中心にもう少し幅広く保有することとし、その中からこれはという銘柄を多めに保有することで値上がり益も享受できるようにしていきたいと思います。そのために目標のポートフォリオも若干いじる予定です。過度にリスクを取り過ぎないことは今まで通り継続し、Upsideも狙っていきたいです。 

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 124.5%
1310-01


<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 145.4%
1310-02


<国内個別株>
(2493) イーサポートリンク (2668) タビオ (2705) 大戸屋  (2712)スターバックス
(2809) キューピー (2914)JT  (3048)ビックカメラ  (3099)三越伊勢丹H
(4502)武田薬品工業  (4578))大塚HD (4708)もしもしホットライン (6328) 荏原実業
(6758)ソニー (7605)フジ・コーポレーション (7606)ユナイテッドアローズ
(8028)ファミリーマート (8410)セブン銀行 (9432)NTT (9437)NTTドコモ 
(9384)内外トランスライン (9501)東京電力

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (+α)
三菱東京UFJ (10万円)

<海外株 投資信託>
SMT・G・株式インデックス
SMT新興国株式インデックス・オープン

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF AUD (海外預金扱)

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています (2013年はリスク資産への積立を中断中)
--------------------------------------------
 
 国内株が大幅に増えました。意識的に増やしているので、バランスが崩れてますが、当面この傾向が続くと思います。11月には更なる変化がある予定です。別途記事にしたいと思います。パフォーマンスでは新規に追加があるため、国内株は下がってます。海外株は順調ですね。 
 
<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
1310-03


<各アセットクラスの状況>
1310-04


 半年振りにリスク資産の投資額推移表をUpします。春の減資実行以降、プライベートで出費がかさんでいる為、リスク資産には追加をしていません。夏場の落ち込みから回復をしてきているので、今のところ順調です。オレンジの棒が少しでも長くなるように頑張っていきたいと思います。

<リスク資産への投資額推移表>
1310-05 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。