40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


優待株を増やしました
 今まで国内株は、優待目的で自分の利用している会社や高配当銘柄を中心に購入をしてきましたが、銘柄に物足りなくなってきていました。今までの銘柄だと、3月/9月に権利取りが集中して、年間を通じて切れ目がない形で優待や配当を得られる構成にはなっていませんでした。

 そこである程度利益が出ている銘柄を一部売却し、下記銘柄を購入しました。基本的には3月/9月に権利発生とならない銘柄を優先的に選んでみましたが、経営内容/業績/将来展望/経営指標等を総合的に見ながら、自分にとって程よいと思われる銘柄を選定しています。

■新規購入銘柄
(2493) イーサポートリンク(11月,5月)
(2668) タビオ(2月,8月)
(2809) キューピー(11月,5月)
(4578) 大塚HD(3月,9月)
(6328) 荏原実業(6月,12月)
(7605) フジ・コーポレーション(10月,4月)
(9384) 内外トランスライン(12月,6月)

 一気に買いを進めましたが、まだ暫く新銘柄の選定作業は進めていこうと思います。2014年の目標ポートフォリオもそろそろ見定めることも合わせて、少しずつ変化をつけていきます。



スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


2013年9月末時点の運用状況
 10月になりました。今年も残り3ヶ月。消費税増税も決まり、決められない日本にも変化の兆しが出てきて、個人的には嬉しく思っています。

 国が 身を削ることは当然必要ですが、今後増大する年金、介護、福祉の費用を手当するには、幅広い方々の負担となる消費税の増税は避けられないと思います。毎月の給料明細を見るとかなりの金額の税金を払っています。所得比例による税負担は格差是正を考慮するとしょうがないかなとも思いますが、実金額を見ると一市民としてここまで差があるのはやっぱり思うところがあるのが正直なところです。とはいえ、ギリシャのようにならない為にも、ある程度の負担増は受け入れていきたいと思います。

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 123.6%
1309-01

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 143.8%
1309-02


<国内個別株>
(2705) 大戸屋 (2712)スターバックス (2914)JT (3048)ビックカメラ
(3099)三越伊勢丹H (4502)武田薬品工業 (4708)もしもしホットライン
(6758)ソニー (7606)ユナイテッドアローズ (8028)ファミリーマート 
(8410)セブン銀行 (9432)NTT (9437)NTTドコモ (9501)東京電力

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (+α)
三菱東京UFJ (10万円)

<海外株 投資信託>
SMT・G・株式インデックス
SMT新興国株式インデックス・オープン

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF AUD (海外預金扱)

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています (2013年はリスク資産への積立を中断中)
--------------------------------------------
 
 9月は何も変化がありませんでした。追加投資もしませんでした。完全放置です、最近時間が取れてないというのもありますが。すべてのアセットで上昇したので、過去最高のパフォーマンスを記録しています。今年の5月では加熱が気になって、リバランスを行いましたが、比率が崩れていないというのもあり、今回はまだ様子を見ていこうと思います。

 結局先月書いたヤクルトの買い戻し、IPOチャレンジ、いずれも縁が無く、実施しませんでした。。
 
<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
1309-03


<各アセットクラスの状況>
1309-04 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。