40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


見送りすることにしました
 ライフネット生命保険のIPO申込ですが、一部当選、残り補欠となりました。
 募集価格は、『1,000円』となっており、仮条件の下限となってます。

 色々と調べ分析/整理をした結果、今回は申し込まないことにしました。
 と言うのも、過去の個別株の失敗を振り返ると、『銘柄への過度の惚れ込み』や『値上がり益狙い』で痛い思いをしているからです。

 ライフネット生命保険については、理念や経営陣への共感がIPO申込のきっかけとなっているのですが、その勢いだけで投資をするのは止めよう、と思った次第です。どうしても保有したいのであれば、銘柄の動きが落ちつき、市場の判断を受けてからでも遅くない、と。上昇した際は投資機会のロスとなりますが、実被害が出ている訳では無いので、割り切ろうと思います。

 また、国内株の投資スタンスとして、『高配当』『優待目的』『その企業のファン』というのを軸に選択をしてきましたが、ライフネット生命は現時点では前者2個には当てはまらず、というのも理由の一つです。

 

 
スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


久々に確認してみたら金利が…
 2月末の資産状況の整理をしていた際に、ふと思い出したように生活防衛資金を預けているシティバンクのHPを確認してみたら、思わぬことが判明しました。

 それは金利の逆転です。

 eセービングはシティバンクのネットバンキングで口座維持手数料無料、マルチマネー円普通預金より高金利というコトで、メリットを謳歌しているつもりでしたが、いつの間にかマルチマネー円普通預金よりも金利が低く設定されてました。。

■2012/03/02 17:09 現在の水準
円普通預金 eセービング 0.020%
マルチマネー円普通預金 0.030%

 うーん、僅かだが逆転している。いつの間に、と思って色々調べたら、少なくとも半年以上は逆転現象が起きていたみたいだ。。生活防衛資金については完全にほったらかしだったので、金利チェックすらしてませんでした。今はスズメの涙の金利なので大した影響は無いですが、今後は注意したいです。

 円普通預金 eセービングに生活防衛資金を預けていたのは金利が高いからで、それがマルチマネー円普通預金の方が金利が高いとなるとeセービング口座に入れておく必然性は無くなりました。なので、ネットバンキングでマルチマネー円普通預金に全額移行させました。


※円普通預金 eセービングについての記事は、
こちら
※生活防衛資金の預金管理の記事については、
こちら
※マルチマネー円普通預金は運用用の口座で、キャッシュカードがなく、普通の預金口座よりセキュリティが高いのが特徴です(キャッシュカード紛失リスクが無い)


 あと、シティバンクのHPは非常にシンプルな形になってますね。やはり金融庁からの行政処分が効いているのでしょう。リスク性商品の勧誘停止期間は2/9で終了してますが、喪中といった感じでしょうか、全く営業的な匂いの感じるページは無くなってます。

 なお、シティバンクに口座保有済みの預金者においては、追加でeセービング口座の開設を停止しているようです。薄利のeセービング口座への移行を食い止めたいんでしょうね。事情はよくわかりませんが、eセービングについてはあまり積極的ではなさそうです。システム維持費もばかにならないでしょうし、ひょっとするとeセービングについては縮小、閉鎖を考えているのかもしれないですね(完全に憶測です、ご注意を)。なにせ、儲けに対して貪欲な銀行ですから…

 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


2012年2月末時点の運用状況
 まだまだ寒い日々が続いていますが、3月に入りました。株価上昇、円安への転換と市場はHotになりつつあり、春先行と言ったところでしょうか。

 2月下旬は海外バカンスに行っていたので、月末の株価の状況はあまりチェックできてませんでしたが、力強い上昇の日々が継続し、久々の大幅上昇月となりましたね。海外に行くタイミングで円安になったのはちょっと個人的に残念でしたが、まぁ、それも市場次第、コントロールすることは出来ないですね。

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 97.4%
1202-01

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 95.6%
1202-02

<国内個別株>
(2131)アコーディアゴルフ (2267)ヤクルト (2705) 大戸屋
(2712)スターバックス (3048)ビックカメラ (3099)三越伊勢丹H 
(4502)武田薬品工業 (5002) 昭和シェル  (6758)ソニー  
(7606)ユナイテッドアローズ (8410)セブン銀行  (9437)NTTドコモ 
(9501)東京電力 (9508)九州電力 (9602)東宝

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (生活防衛資金+α)
三菱東京UFJ (10万円)

<海外株 投資信託>
STAM・G・株式インデックス
STAM新興国株式インデックス・オープン
三井住友ニューチャイナファンド
[C] Citigroup Inc.

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF EUR (海外預金扱)
日興MMF AUD (海外預金扱)

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信
(3240)野村不動産レジデンシャル投資法人 (J-REIT)

※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています
--------------------------------------------

 2月は毎月のサラリーから国内債券である日興MRFに入金しただけで、所謂追加投資はしていません。1月末に想定していた通りの行動で、結果的に予定通りになりました。そしてリスク資産が目標の比率にほぼ一致しましたね。引き続き、目標とのバランス一致させつつ、資産を拡大していければと思っています。

 アセットクラス別のパフォーマンスを見ると、大幅な改善が見てとれます。特に株高、円安の効果が大きい海外資産の回復が目覚ましい。国内不動産も大幅に回復、ここ数ヵ月の買い増しが功を奏している感じです。こういうのって嬉しいですよね。

 3月は今後の市場がどう動くかによって決めたいと思います。まぁいつもの通り目標と乖離していて、マイナス幅の大きいアセットを増やすことになるんでしょうね。でもひょっとすると2月と同じちょっと様子見の月になるのかもしれませんし、市場次第といったところです。

 とはいえ、一つだけ行動したいことがあります。それはIPO投資です。個人的に気になっている『ライフネット生命』が東証マザーズに上場するからです。記念的な要素が強いですが、個人的に応援したい気持ちもあり、まずは抽選に申込しておこうと思います。複数申込をして、値上目的用(もちろん下落するかもしれないので、あくまで希望的観測です)と長期保有用が購入できると妄想してます。マネックスが副幹事を務めている都合からマネックスでは完全抽選となる為、何のコネもない一個人投資家にもチャンスはあります。当たると良いなぁー。

 
<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
1202-03

<各アセットクラスの状況>
1202-04 





テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。