40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マネックス証券 株式売買手数料の改定
 5月から利用者には嬉しい改定がマネックス証券からアナウンスされてます。それは『株式売買手数料の改定』です。

 ボクは口座管理は出来るだけシンプルにしたい為に、マネックス証券のみで取引をしています。国内株の取引をする時は、たとえ目の前にPCがあったとしても、携帯から発注を出してました。デバイスの違いで手数料が大きく異なった為、このようなことをしていたのですが、その手間は不要になりましたね。

2011年5月からのマネックス証券の手数料
約定金額新手数料(税込)
10万円以下105円  (最大93%値下げ)
10万円超
20万円以下 
189円  (最大88%値下げ) 
20万円超
30万円以下
262円  (最大83%値下げ)
30万円超
40万円以下
367円 (最大76%値下げ)
40万円超
50万円以下
472円 (最大70%値下げ)
50万円超
100万円以下
携帯:約定金額の0.105%
PC:(成行注文)1,050円
    (指値注文)1,575円
※詳細/諸条件はリンク先をご確認ください

 これを見ると少額取引を優遇する意図が見えます。ボクはまさにこの価格帯の取引が多いので、恩恵を受けますね。あと、業界他社と比較した表もリンク先にありますが、低価格帯においては業界最安水準とのこと、嬉しいですねぇ。




スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


2011年4月末時点の運用状況
 GWです。谷間の2,6日は会社から有休消化推奨されていて、おかげさまで10連休です。お正月やお盆より一年で一番纏まって休みが取れる時期ですね。GW前半で軽井沢に行ったのですが、自粛モードの影響もあるのか、ややすいていたような気がしました。

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 98.4%
1104-01

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 97.2%
1104-02

<国内個別株>
(2131)アコーディアゴルフ (2267)ヤクルト (2705) 大戸屋
(2712)スターバックス (3048)ビックカメラ (3099)三越伊勢丹H 
(4502)武田薬品工業 (5002) 昭和シェル  (6758)ソニー  
(7606)ユナイテッドアローズ (8410)セブン銀行  (9437)NTTドコモ 
(9501)東京電力 (9508)九州電力 (9602)東宝

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (生活防衛資金+α)
三菱東京UFJ (10万円)

<海外株 投資信託>
STAM・G・株式インデックス
STAM新興国株式インデックス・オープン
三井住友ニューチャイナファンド
[C] Citigroup Inc.

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF EUR (海外預金扱)
日興MMF AUD (海外預金扱)

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信
(3240)野村不動産レジデンシャル投資法人 (J-REIT)

※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています
---------------------------------------

 4月は銘柄に全く変更がありません。毎月のサラリーからの追加資金として、 国内債券(日興MRF)の比率が増えているだけです。パフォーマンスでは海外資産の上昇で全体では震災前の水準に戻りました。海外資産は強いですね。あとは国内不動産でしょうか、こちらも力強く回復してます。

 国内債券の比率をもう少し高めに持ちたいので、暫くは4月と同じ方針で様子見ですかね。まぁ何が起こるか先は読めないので、どうなるか分りませんが。


 <生活防衛資金を含まないTotal Performance>
1104-03

<各アセットクラスの状況>
1104-04

 あと、半年振りに投資額の推移表をUpします。なだらかながらも順調に元本が増えてます。パフォーマンスの改善に伴い、差が縮小してきました。というかプラス転換まであともう一息。アセットクラス別のパフォーマンスで見ると国内株がマイナスですが、配当金の再投資が効いている(再投資した時の株価より現在の株価が下回っているため国内株は元本ベース以上にマイナスになってます)ので、投資元本レベルではあと一息になるんだ。やはり再投資による複利効果は大きいねぇ^^


<リスク資産への投資額推移表>
1104-05

※「リスク資産」=「国内預金」を除いた資産





テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。