40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 桜が満開になりましたねー。
 土曜日に久しぶりに上野公園に行ってきました。

Ueno

 自粛モードの為、花見の宴会も少なく、不思議な感じがします。平年なら所狭しと宴会をしている人たちで溢れているであろう上野公園にも、空いているスペースがありました。屋台も出てないしね。

 そう言えば、上野駅傍にあったレトロなレストラン『聚楽』って、建て替え中なのね。如何にも上野の匂いを醸し出していたのに、お洒落なレストランが出来てしまうのかしら。それはそれでちょっと寂しいね。やっぱり上野は昭和の匂いが似合う街なのにねぇ。。 

 今週中には桜も散ってしまうのかな。残念だからしっかり目に焼き付けておこう。



スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


2011年3月末時点の運用状況
 4月になり新しい年度が始まりましたね。ボクの会社は既にFY11に突入しているので、4月が新しい始まりと言う感覚はなかなか起きにくいですが、世間的には春を迎え、フレッシュな新社会人が溢れるこの季節、やはり気持ちを新たに頑張ろうって気になりますね。

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 97.0%
1103-01

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 94.7%
1103-02


<国内個別株>
(2131)アコーディアゴルフ (2267)ヤクルト (2705) 大戸屋
(2712)スターバックス (3048)ビックカメラ (3099)三越伊勢丹H 
(4502)武田薬品工業 (5002) 昭和シェル  (6758)ソニー  
(7606)ユナイテッドアローズ (8410)セブン銀行  (9437)NTTドコモ 
(9501)東京電力 (9508)九州電力 (9602)東宝

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (生活防衛資金+α)
三菱東京UFJ (10万円)

<海外株 投資信託>
STAM・G・株式インデックス
STAM新興国株式インデックス・オープン
三井住友ニューチャイナファンド
[C] Citigroup Inc.

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF EUR (海外預金扱)
日興MMF AUD (海外預金扱)

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信
(3240)野村不動産レジデンシャル投資法人 (J-REIT)

※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています
---------------------------------------

 3月は若干ですが機動的に動いた月でもあり、新たな銘柄として九州電力が加わってます。都内に住んでいるのでボクの生活とは直接的な関係は無いですが、配当による電気料金フリー計画の1銘柄として末長く保有していきます。

 東京電力は大変なことになってますが、一方でこれまでボクの国内株で足を引っ張っていた昭和シェルが大きく回復してきてます。震災前より15%も上昇しているので、日経平均が-6.5%と落ち込んでいる事を考えると、かなり頑張ってますね。震災の影響も設備面では無いようですし、更なる上昇もまだ期待できるかもしれませんね、ぜひとも半減した配当が少しでも戻るように頑張ってほしいものです。沈むものもあれば、浮かぶものもある、ですね。

 海外株はついに元本回復しました!国内株は波乱な状況ですが、苦節4年、リーマンショックの荒波を乗り越えて、ようやく辿り着きました。震災時に一時的にはパフォーマンスが落ちましたが、すっかりもとに戻ってますね。追加投資知っておいてよかったなぁ。アメリカの利上げ観測や雇用の回復状況を見ていると、更なる好転が期待できそうです。円高も一服して円安に向かいつつあるしね。

 国内不動産はさすがに震災の影響で凹みました。直近では野村不動産レジデンシャルが住宅系ということもあるかもしれませんが、回復が著しいです、既に震災前の水準にほぼ戻りつつあります。オフィス系は景気の先行きが見えない状況なので、こういう時は住宅系は強いですね。でもこの野村不動産はすぐ増資をするので、調子良い時にリバランスを兼ねてETF(1343)に乗り換えようかなぁとも思ってます。5月が半期の決算なので、配当権利を獲得したら、頃合いを見てスイッチするかもしれません。

 約半年間続いたパフォーマンスの改善も一息ついた状況です。国内債券がすっかり空になっているので、来るかもしれない2番底に備えて、追加投資は当面は様子見で、待機金を貯める日々を続けたいです。そういえばグラフで見てもあまりリバランスしたようには見えないなぁ。もう少し思い切ってもよかったのかなとも思うけど、まぁその気持ちは封印して、どっしりと構えよう。

<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
1103-03

<各アセットクラスの状況>
1103-04 





テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。