40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生命保険について
 今まで生命保険については、記事にしたことがありませんでしたが、コメントにご質問を頂いたので、個別記事としてみました。

 ボクは現時点で2つの保険に入っていて、アリコの終身医療保険(毎月:3,790円)と終身保険(死亡保障:500万円、積み立て、毎月:20,000円、積立利率1.5%~:1.5%は最低保証利率)に入ってます。いずれも20代後半から、学生時代の友人を介して入ってます。医療保険については、入院時の費用補填、終身保険については、貯金感覚で始めました。

 誘い文句は、「独身とはいえ、葬式代くらいは出せるよくらいの準備をしておいた方が良いよ」でした。当時は最低限の貯金しかなく、物欲にまみれていたので、その文句が心に響いたのと、仲の良い友人からの誘いだったからでもありました。どうせ入るなら友人の成績になるようにしたいな、と。

 もう、5年以上は入っているので、実は投資歴より長く利用している事になります。で、今の感想はというと、今後どうしようか…と悩んでいるところです。契約時は強制的に貯蓄ができるので、良いと感じてましたが、資産運用を株や投資信託に広げるようになってからは、割に合わない運用かなと思うようになりました。特に手数料や効率の意味で。

 特に終身保険。毎月20,000円ずつ払い込んでいるのですが、今の予定利率(最低保証の1.5%)で言うと40後半まで払い込まないと、終わらない設計になっています。払い込み後は返戻金が上回っていくのですが、まだまだしばらく先です。まぁ、払い込み完了までのその間は、死亡保障のメリットを享受できるし、金利情勢によって変動する予定利率なので、将来的に金利が上昇すれば払い込み期間は短縮する可能性もある訳で、一概に損とは言えないですが。

 あと、葬式代くらいは捻出できる資産を築くことが既にできている事も、終身保険が不要かなと思っている要因にもなってます。当初の目的から外れてきているからなんでしょうが。

 で、今後、どうするかについては、また記事にしたいと思います。



※生命保険の積立金額は、生活防衛資金には含んでません


 
スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


残念だが経緯を見守りたい
 ボクの資産運用に大きな影響を与えてくれた「投資戦略の発想法」の著者 木村剛氏が会長を務めていた日本振興銀行が大きく揺れてますね。金融庁から行政処分を5月末に受けてますが、検査妨害容疑で警視庁から強制捜査を受けてます。木村剛氏も取り調べを受けている様子。もし、報道されている通りだとすると事態は深刻でしょう。

 生活防衛資金を確保したうえで、リスク資産への投資を行うべし、という発想は、木村剛氏のパーソナリティの部分とは関係なく、今でも示唆に富んだ考えだと思ってます。生活防衛資金の金額については、収入の半年分だったり、1年分だったり、2年分だったりと、個人の生活背景によって変わってくると思いますが、何らかの形で確保されている方は多いと思います。

 ボクの場合は、既に一定の生活防衛資金は確保してあるので、あとはリスク資産をバランスよく積み上げていくステージにあり、今後もこの方針が変わることはありません。何度も同じことを記事にしてますが、安心/安定感が違いますよね。

 いずれにせよ、今後同行と木村氏がどのようになるかは、気になるところです。新興の銀行が利益追求に走り過ぎた場合に、どのようなことが起こってしまうのかが明るみに出る訳ですから。




 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


HMV渋谷 閉店へ…
 予想はしていたが、残念な結果になってしまいました。以前はJ-WAVEのGROOVE LINEの公開放送スタジオもあった店舗でしたが、CD販売現象の波には打ち勝てなかったようです。

 
【シブヤ経済新聞 6/8】
渋谷の地で20年、「HMV渋谷」閉店へ-ほか7店舗も閉店へ

 HMVジャパン(港区)は8月中旬、フラッグシップショップである渋谷・センター街の「渋谷HMV」(渋谷区宇田川町、TEL 03-5458-3411)を閉店する。

 1990年11月、英音楽・映像ソフト販売チェーン「HMV」の日本1号店として、渋谷・文化村通り沿い「ONE-OH-NINE」内に開業した「HMV渋谷」。1998年に現在の渋谷センター街へ移転するかたちで新装オープンした。

昨年11月には、「集客力の強化」を目的に全面リニューアルを行い、各フロアには店舗在庫の位置検索や取り寄せ、自宅配送機能を備えた端末8台(1階=4台、2階=1台、3階=1台、4階=2台)を設置するなど、「利便性の向上」を図った。併せて、5階に新星堂(本社=杉並区)が展開する楽器専門店「ROCK INN」も新たに出店した。

 閉店に関して、渋谷店店内では「このたび渋谷HMVは8月中旬を持ちまして閉店させていただきます。渋谷の地にて20年に及ぶご愛顧、誠にありがとうございました。引き続き8月中旬までのご来店を心よりお待ち申し上げます」と記した案内を掲出している。

 同社は今年2月に京阪シティモール、5月に川崎DICEを閉店しているほか、6月20日に銀座インズ、7月19日にイオンモール草津、同25日にスマーク伊勢崎、同31日に京都河原町VIVREの閉店が決定しているほか、8月中に渋谷のほか3店舗の閉店を予定している。

 HMVジャパンは閉店理由に関して「非公開」としており、閉店後の渋谷での再出店は未定だという。
【引用終わり】


 よく見てみたら、銀座インズ店も閉店みたいです。よく通っていた2店が閉店、時代の流れとはいえ、寂しい限り。

 CDショップは、インストアライブを有料で企画したりするなどして、ただ販売するだけではないビジネスモデルに転換していかないと、今後も厳しい状況は変わらないでしょうね。渋谷だからこそだったり、都心のショップだからこそできるコトってあったと思うんですよね。。

 時代の変化に順応できるしなやかな業態に変更してしていって欲しいものです。



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


2010年5月末時点の運用状況
 大荒れの5月が終わり、6月になりました。なかなか厳しい月でしたね。2010年になって積み上げた上昇分がチャラとなり、年初のパフォーマンスに戻りましたが、焦らず、ゆっくりと今後も資産を積み上げていきたいと思います。

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 92.3%
1005-02

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 85.6%
1005-03


<国内個別株>
(2267)ヤクルト (2705) 大戸屋 (2712)スターバックス (3048)ビックカメラ
(3099)三越伊勢丹H  (4502)武田薬品工業 (4756)CCC (5002) 昭和シェル 
(6758)ソニー (7606)ユナイテッドアローズ (8410)セブン銀行 
(9437)NTTドコモ  (9602)東宝

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (生活防衛資金+α)
三菱東京UFJ (10万円)

<海外株 投資信託>
STAM・G・株式インデックス
STAM新興国株式インデックス・オープン
三井住友ニューチャイナファンド
[C] Citigroup Inc.

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF EUR (海外預金扱)
日興MMF AUD (海外預金扱)

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信
(3240)野村不動産レジデンシャル投資法人 (J-REIT)


※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています
---------------------------------------

 各アセットごとの下落比較すると、海外株と国内不動産が10%近く下げました。特に海外株は株安と円高のダブルパンチで大きく下げました。国内株は内需銘柄が多いせいか、日経平均と比較して下落は緩かったですね。

 その海外資産の下落に応じる形で、優先的に海外資産を積み増ししました。なので、リスク資産のアセットアロケーション自体はそんなにバランスは崩れていないです。

 6月も一段と下げるようでしたら、国内株の配当も入ってくるし、下落幅の大きい資産を優先的に追加購入していきたいと思います。


<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
1005-04


<各アセットクラスの状況>
1005-05 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。