40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海外株投信を変更
 ここ最近の課題でした海外株投信をついに変更しました。ようやく損益ゼロになったので、気の変わらないうちに実行です。

 2007年7月から積み立てをしていた「トヨタアセットバンガード海外株式ファンド」を「STAMグローバル株式インデックス・OP」に変更です。トヨタ…は先進国と新興国が一緒になっているのが難点でした。できれば、先進国と新興国は分けて管理したかったので、パフォーマンスはほぼインデックス値と等しく、満足はしていたのですが、おまとめ投信は卒業したいと思ってしまいました。

 以下の表が今回比較した対象です。

海外株投信

 選考のポイントは、以下です。

・申込手数料がない ・信託報酬率が低い 
・純資産残高も豊富 ・先進国と新興国が一緒ではない  

 これらを照らし合わし、まず消えたのが、ETFです。運用開始直後で純資産総額が少なく、検討対象外にしました。都度取引手数料が発生するのもマイナスです(マネックスポイントを国内不動産ETFにあてているので、これ以上、定期的に購入するETFを増やしたくなかったというのもあります)。

 同じ理由で、eMAXISも同じ理由で対象外となりました。マネックスポイントが発生しないのもちょっと痛いですね。とはいえ、信託報酬が一番安いので、マネックスポイントにならないのは、本当はカバーできるのですが、まぁ心理的な問題ですね。資産残高が現時点では少ないのもマイナス点でした。

 続いて、年金積立とSTAMで検討しました。どちらも1年以上は設定から経過してます。申込手数料も0%。純資産総額もまずまず。となると、単純に信託報酬が少ない方が良いと思い、STAMに決定しました。

 変更に伴い、先進国と新興国の比率も見直しました。今までは、トヨタ…の新興国5%含んだのも考慮して計算すると、2:1(先進国:新興国)でした。そして、変更後は、1:1(先進国:新興国)です。将来の世界経済図を考慮し、今後も伸びるであろう新興国の比率を高めました。もちろん新興国については、積み立て中の「STAM新興国株式インデックス・オープン 」を利用してます。

 今回、変更して感じたことは、非常に手続きが心理的に面倒くさいと感じたことです。個人的に管理しているエクセルの変更に伴う元本と時価の計算や変更に伴う価格の連続性が失われる点など、物理的にはそんなに影響は無いのですが、心理的に重かったです。当面は、今回のような変更は無いようにしたいですね。

 やっぱりほったらかしにできる銘柄に集中するというのが、ボクには合っているなぁと改めて感じました。




スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


円普通預金 eセービング
 ボクが生活防衛資金(いわゆる国内預金ね)の一部をシティバンクの「円普通預金 eセービング」を利用しているのですが、あまり知名度がないですね。マネー雑誌に出てくることってほとんど皆無ですし、普及しない理由ってどこにあるのか考えてみました。

 まず、挙げられるのが、

「そもそも存在を知らない」

広告も殆ど出してないので、しょうがないのかもしれませんが。銀行からすると、普通預金よりも金利が高い(4/18現在:年率0.1%)ので、あまりアピールしたくないからかもしれませんね。というか、口座を開設する時に検討する対象には殆ど入ってこないんでしょうね、シティバンクは何となく、遠い存在って感じですし。

次に考えられるのは、

「口座維持手数料が発生する」


50万円以上の月間平均総取引残高が維持できないと、毎月2,100円が手数料として発生します。これがあると、所謂生活資金用口座には使いにくいかもしれません。日本の金融機関は、殆ど口座維持手数料という慣習がないので、抵抗感が強いのかもしれません。


あと考えれらるのは、

「提携先金融機関のCD/ATMの利用手数料が発生する」

こちらは、月間平均総取引残高が100万円相当額以上あると、無料になりますが、日常的に利用する口座には、ちょっとハードルが高いですね。身近にシティバンクのATMがあれば無料なのですが、該当する人は限られているでしょうね。

 こう考えると、あまり普及していかないのも、しょうがないような気がしますね。万人受けする口座で無いことは間違いありません。簡単に言うと、ハードルが高い、でしょうか。


 ただ、残高100万円以上を確保できる人は、いつでも引き出せる普通預金金利が他行より高い事をエンジョイできることになります。今なら定期預金や国債よりも金利は高い状況なので、許容できる人には、お勧めな口座になるということですね。

 別にシティバンクの宣伝をしている訳ではないですが、手数料は掛かりますが海外で現地通貨で引き出せますしし、預金保険の保護の対象にもなるので、利用者側にも一定のハードルさえクリアすれば、使い勝手のいい口座になると思います。海外出張多い人や海外旅行が好きで頻繁行く人もしかりですね。

 自分が利用している金融機関や商品について、今もこのままで良いのか、改めて考えてみましたー。ボクにとっては、当面はこのeセービングにメリットを感じているので、使っていきます。皆さんはどうですか? 
 


テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


J-WAVE GROW GREEN PROJECT 2010
 今回は投資と全く関係ない話題です。

 ボクのお気に入りのラジオ局『J-WAVE』で毎春に展開している「
GROW GREEN PROJECT」。合言葉は「東京にグリーンな気持ちをひろげよう」!ってことで、東京にグリーンな気持ちの輪を広げるキャンペーンです。ラジオをかけているとゴーヤ種配ります、ってしつこい位に言っていたので、気になってました。

 ゴーヤの種は都内のBEAMS店舗やTOHOシネマズ 六本木ヒルズなどで配ってます。そこで六本木ヒルズにボクの好きなジュード・ロウ出演の「シャーロック・ホームズ」を見に行き、ゴーヤの種貰いました。

j-wave

 J-WAVEのナビゲーターの方々(別所哲也さんや秀島史香さんなど)もゴーヤ観察日記を綴っていくみたいです。ボクもベランダにプランター置いてゴーヤ育成してみようかな。日当たりのよい部屋の窓際に置けば、緑のカーテンになって、つらい夏も少しは過ごしやすくなると良いなぁ。 エコも楽しみながらやりたいよね。

 映画の方と言えば、シャーロック・ホームズのイメージを上手く覆してて、面白かったです。ジュード・ロウは相変わらずカッコいいな。重要な役としてマーク・ストロングっていうイギリス人役者が出てくるんだけど、ゴッドファーザーⅢやオーシャンズシリーズでもお馴染みのアンディ・ガルシアに見えちゃって仕方がなかったよ…

 もちろん、今回も東宝の優待券使いましたよー。



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


2010年3月末時点の運用状況
 いよいよ4月ですね。東京は桜が満開となり、春になったなーと実感できますね。ボクの会社にも新入社員が入ってきていて、集合研修を受けてるみたいです。自分の新卒の頃を思い出すなぁ。

 気温の上昇とともに、世界的に株価が上がってきました。ついに90%台まで回復! 90%台なんて、約2年ぶり。。嬉しいものですね。

 インデックス運用に近いボクのポートフォリオも大幅に改善してきました。特に円安効果もあって、外国株が顕著ですね。ここ半年くらいは、外国株への追加投資は上昇傾向ということもあり、抑制気味です。追加投資をしなくても、ポートフォリオのバランスが維持できるからっていうのが、その理由です。暫くはこの傾向が続くかも。  

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 95.6%
1003-01

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 91.7%
1003-02

<国内個別株>
(2267)ヤクルト (2705) 大戸屋 (2712)スターバックス (3048)ビックカメラ
(3099)三越伊勢丹H  (4502)武田薬品工業 (4756)CCC (5002) 昭和シェル 
(6758)ソニー (7606)ユナイテッドアローズ (8410)セブン銀行 
(9437)NTTドコモ  (9602)東宝

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (生活防衛資金+α)
三菱東京UFJ (10万円)

<海外株 投資信託>
トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
STAM新興国株式インデックス・オープン
三井住友ニューチャイナファンド
[C] Citigroup Inc.

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF EUR (海外預金扱)
日興MMF AUD (海外預金扱)

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信
(3240)野村不動産レジデンシャル投資法人 (J-REIT)


※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています
---------------------------------------

 記事にもした通り、国内株に大戸屋が追加されてます、これで国内株は13銘柄目。内需を中心に構成しているため、あまりここ最近の上昇の波に乗り切れてないですが、地道に追加していきたいと思います。国内不動産は順調に回復してきてますね。まだ、目標とギャップがあるので、優先的に追加の方針に変わりわありません。

 海外株のメインファンドであるトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドはいよいよ損益ゼロに近づいてきました。次の乗り換え先を4月中には決めて、スイッチしたいと思います。  

<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
1003-03 

<各アセットクラスの状況>
1003-04

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。