40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年2月末時点の運用状況
 3月になっていませんが営業日レベルでは終わっているので、2010年2月の資産状況をアップします。
 
 全体的にはほぼ横ばいです。と言うかここ半年ほど、パフォーマンスはほぼ横ばいです。毎月追加資金を投入している事を考えると、実際には横ばいでは無いですね。なかなか90%を回復できない状態です。世界株価推移を考えると、特段に悪い状況ではないので、愚直に今のスタイルを継続していきます。 

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 92.5%
1002-02


<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 85.9%
1001-03


<国内個別株>
(2267)ヤクルト  (2712)スターバックス  (3048)ビックカメラ  (3099)三越伊勢丹H 
(4502)武田薬品工業 (4756)CCC (5002) 昭和シェル  (6758)ソニー
(7606)ユナイテッドアローズ (8410)セブン銀行 (9437)NTTドコモ  (9602)東宝

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (生活防衛資金+α)
三菱東京UFJ (10万円)

<海外株 投資信託>
トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
STAM新興国株式インデックス・オープン
三井住友ニューチャイナファンド
[C] Citigroup Inc.

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF EUR (海外預金扱)
日興MMF AUD (海外預金扱)

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信
(3240)野村不動産レジデンシャル投資法人 (J-REIT)


※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています
---------------------------------------

 記事にもした通り、国内株にCCCが追加されてます。3月の権利落ち前に値が上がっているようだったら、一部売却して利確をしたいと思います。こういうことは思惑通りいかないので、どうなるかな分からないですが。国内不動産は、追加投資の甲斐もあって、少しずつ回復してきてます。まだ当面は優先的に追加投資をしていく予定なので、あまり急回復はして欲しく無いなぁと個人的には思ってます。。

 海外株のメインファンドであるトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドですが、まだ保有してます。損益ゼロに一旦近づいたので、銘柄乗り換えも焦って考えましたが、しばらく足踏みです。新しく東証にETFも上場しているので、じっくり考えたいと思います。
  

<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
1002-01

<各アセットクラスの状況>
1002-04

スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


大きな痛手
 ボクの国内株の投資方針として、高配当銘柄の採用がありますが、その銘柄の一つに「昭和シェル」があります。ガソリンを入れるときは昭和シェルを使っているので、その馴染みで選択してました。ここ最近の石油需要減退の影響を受けて、ここ最近は大きく株価を下げています。そんな中、以下の発表がありました。

【引用開始(2010/2/24 日経新聞)】
 昭和シェル、15期ぶり減配、今期見通し、内部留保を優先、最終黒字10億円に。

 昭和シェル石油は23日、2010年12月期の連結最終損益が10億円の黒字(前期は576億円の赤字)になる見通しだと発表した。年配当は18円と前期比で半減する。減配は1995年12月期以来、15期ぶり。需要低迷が続く石油精製事業は合理化で黒字に浮上する計画だが、建設中の太陽電池工場の投資負担が重くなるため、内部留保の充実を優先する。

 同日会見した昭和シェルの新井純社長は、減配の理由について「需要が低迷する石油事業の構造を変える一方、太陽電池事業のコスト競争力を高める必要がある」と説明した。
【引用終わり】

 株価の下落と配当減額とダブルパンチです、トホホ。 個人的には初めての大幅な減配です。長期保有が前提で昭和シェルは保有しているので、すぐに売却するようなことは無いですが、銘柄の将来性については、今後の銘柄選びの教訓にしたいと思います。







テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


SONYの液晶テレビ
 最近引っ越しをしたのですが、それに合わせて色々とインテリアをアレンジする日々が続いています。インテリアショップを廻ったりして、週末が忙しいです。

 そんな新しい部屋に、ようやくですが液晶テレビを投入しました。今までブラウン管テレビを10年ほど使ってましたが、ついに買換えです。そこで選んだのは、SONY BRAVIA KDL-32J5。

SONY

 もうすぐ型落ちになる機種ですが、シンプルな機能・シンプルなスタイル・全身黒でスマートな感じが気に入ってます。普段はそんなにテレビは見ないので、高機能はいらないかなと。32型でも十分大きく感じます。そして、ようやく地デジ対応も完了。やはり地上波よりも綺麗ですねぇ。

 購入したのは、もちろんビックカメラ。持ち株のコンビネーションです。エコポイントとビックポイントが付いているので、想定していた金額より安く買えた気がします。

 DVDを見た時にブラウン管と比べて画面が大きくなり、迫力ありますね。もちろんDVDレンタルは先日購入したCCCが運営するTSUTAYA.既に持っているシアターシステム(もちろんSONY製)と組み合わせて、オーディオライフがより充実しそうです。 





テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


CCCを購入
 1月にユナイテッドアローズを売却した資金で、【4756】 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)を購入しました。CCCは「TSUTAYA」を運営している会社で、社名を聞いただけだと、わかりませんが、TSUTAYAなら皆さんご存じだと思います。ここ最近の株価は冴えない状況です。ほぼこの半年右肩下がりです。9日の第3四半期決算発表(増配)後反発をしているので、今後の株価が回復すればいいなぁと思います。

 購入の理由は、いつものように優待です。
Tポイントが贈呈されます。昔はTSUTAYAを利用していたのですが、ここ最近は住んでいたところの近くになかったので、しばらく利用してませんでした。最近引っ越しをし、近所にTSUTAYAがあることから、再度利用し始めたというのも理由の一つですね。

【2009年3月末現在の株主対象の優待内容】 
所有株式数に応じて株主指定のTカードにTポイント(1ポイント=1円相当)を贈呈。
Tポイントの贈呈は、申し込み時にTカードを所有していることが必要。

300株以上~ 3,000株未満   2,000ポイント
3,000株以上~10,000株未満  5,000ポイント
10,000株以上        10,000ポイント

 最低購入単位の100株では、優待基準に達しませんね。今回は、300株以上購入をしました。3月末の優待目的による値上がり時に、一部売却して売却益を狙ってみたいと思います。値上がらなければそのまま保有すると思いますが。。

 これで12銘柄目になります。もう少し増やしてもいいかもしれませんね。 





テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


国内個別株の配当について 【第2回目】
 ボクの国内株+国内不動産保有の理由の一つに、配当金獲得があります。1年以上記事にしてませんでしたが、2009年の配当状況について記事にしてみました。

■集計期間:2009年1月-2009年12月
■利回り:①生活防衛資金含む総利回り 1.1% … (配当+優待利用分+金利)÷総資産
      ②国内株+国内不動産利回り(優待除く) 2.4% … 配当÷(国内株+国内不動産投資額)
      ③国内株+国内不動産利回り(優待込み) 3.1% … (配当+優待利用分)÷ (国内株+国内不動産投資額)

参考:日経225種の平均配当利回り 1.87% (前期基準)

※配当(分配金含む)・金利は税引後を用いてます
※利回りは年換算です
※総資産内訳: 国内株+国内不動産取得原価+手数料+生活防衛資金
※金額ベースでは、年間20万円弱になります。

 
 高配当銘柄や優待活用で、実利回りは悪くないですね。計算は取得原価で行ってますが、全体の評価額はマイナスなので、時価ベースで計算するともう少し利回りは良いことになります。日経225種の平均配当利回りも1年前は2%以上だったのに、今は1%台。やはりここにも景気の影響が出てますね。。

 優待で貢献しているのは、三越伊勢丹とUAですかね。ビックカメラは長期保有なので、通常の商品券に2,000円プラスされていて、嬉しい限りです。なにより商品券なので、購入時に出費が伴わないのが良いです。

 配当されたお金は今のところ全て再投資に回してます。やはり複利で資金を回していきたいしね。一方で毎月一定の副収入があるということは、最近の不景気の影響で、毎月の収入が細っている為、心理的な安心感につながりますね。
これからも安定高配当/優待活用をメインに国内株を積み増します。

 海外アセットについては、投資信託がメインなので、省略してまます。集計するのが面倒くさいというのもありますが。




テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


2010年1月末時点の運用状況
 遅くなりましたが、2010年1月の資産状況をアップします。
 
 1月上旬は順調な感じでしたが、下旬にかけて軟調な状況になりましたね。やはりまだまだ日経平均11,000円回復には時間が掛かりそうですね。トヨタのリコール問題に象徴されるように、何が起こるかわかりません。じっくりと積み立てによる元本の拡大を図りたいですね。 

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 92.5%
1001-03


<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 85.8%
1001-04

<国内個別株>
(2267)ヤクルト  (2712)スターバックス  (3048)ビックカメラ  (3099)三越伊勢丹H 
(4502)武田薬品工業 (5002) 昭和シェル  (6758)ソニー (7606)ユナイテッドアローズ
(8410)セブン銀行 (9437)NTTドコモ  (9602)東宝

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (生活防衛資金+α)
三菱東京UFJ (10万円)

<海外株 投資信託>
トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
STAM新興国株式インデックス・オープン
三井住友ニューチャイナファンド
[C] Citigroup Inc.

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF EUR (海外預金扱)
日興MMF AUD (海外預金扱)

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信
(3240)野村不動産レジデンシャル投資法人 (J-REIT)


※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています
---------------------------------------

 1月は初めて手持ちの国内株の整理を行いました。整理と言っても、保有数を減らしただけなんですが。その対象はユナイテッドアローズ(UA)です。今まで優待目的で保有数を増やしてきましたが、昨年、
優待内容が変更(優待券が2倍)となり、今までの保有数では過剰に感じたため、一部を売却しました。

 これは、2,3月の優待獲得に向けた持ち株の調整です。本来、ボクのポリシーはずっと保有なのですが、多少は柔軟にしたいと思います。UAの株価がだいぶん持ち直してきたのも一因ですかね。低い時に購入した株価は雄に上回ってますしね。いくつか乗り換え先の候補が決まっているので、様子を見て購入してみます。 

 あとの動きとしては、国内不動産を買い増したことでしょか。2月は外国株が久しぶりに下がってきているので、そちらも一段と下げれば積み増しします。

  

<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
1001-05


<各アセットクラスの状況>
1001-06


テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。