40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東宝の優待が届く
 保有している東宝から『株主ご優待券』が届きました。

 優待の内容は、まだ1,000株までは届いていないので、1名1回800円で鑑賞ができる割引券x2(半期に1回交付)です。 期末配当(1,350円(税引後)@100株)を考えると、実質250円で2回(もしくは2人で1回)見に行けますね。しかも都内都心部に、TOHOシネマズを中心に10劇場があるので、使い勝手も良さそうです。

 レンタルでの自宅鑑賞も安上がりでいいのですが、音響設備・画面の大きさ・雰囲気を考えると、見たい作品は今後も劇場で見たいです。特に音響の影響するアクション系は設備の整った劇場で見たいですよね。

 まさに生活をちょっと潤す優待目的の銘柄だけに、嬉しい限りです。




スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


映画 ノルウェイの森 (配給 東宝) 
 村上春樹さんの代表作の一つでもある『ノルウェイの森』が、2010年秋全国ロードショーに向けて、主要キャストが発表されましたね。配給は保有している東宝です。

<作品概要>
◆ 原作「ノルウェイの森」
  日本国内発行総累計部数870万部、海外翻訳36言語
◆ 監督・脚本: トラン・アン・ユン
  企画・製作: アスミック・エース エンタテインメント、フジテレビジョン
◆ 2009年2月撮影開始/2010年全国東宝系ロードショー公開
◆ アスミック・エース エンタテインメント創立25周年記念事業
◆ キャスト: 松山ケンイチ、菊地凛子
 
 村上春樹さんはボクの一番好きな作家です。大学時代はよく何度も読みました。特に旅行に行く時は必ず文庫本を一冊は持って行き、繰り返し読んだものです。一番のお気に入りは「ダンス・ダンス・ダンス」ですが、「ノルウェイの森」ももちろんお気に入り。

 6月からいよいよ本格的に撮影開始みたいです。それに合わせて、
エキストラを募集してますね。ボクは既に登録してて、早速、撮影の案内が来ました。平日だと仕事があるので難しいですが、可能なら参加してみたいものです。

 どんな作品になるのか楽しみです。映像化には賛否両論があるかと思いますが、ボクは素直に期待したいと思います。



 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


キャッシュというアセットについて
 マネックス証券のwebサイトに、『長期投資視点から見た日本株投資』という記事が出てますね。

【引用開始】 
最近お客さまからのマーケットに関するご質問で多いのが「長期投資していても大丈夫?」、「日本経済の衰退で日本株はもう上がらないのでは?」といったこれからの投資に対する不安です。

そこで今回マネックス証券の松本大とマネックス・ユニバーシティの内藤忍が個人投資家の皆様の代表的なご質問に対して対談形式で回答させていただきながら、これからの投資について考えてみました。

【引用終わり】


 上記は、対談の前振り部分の引用ですが、長期投資を実践しているボクにも興味深いテーマです。対談は、長期投資を続ける上で、キャッシュというアセットの重要性と考え方について、今後はマネックスグループとして、情報提供をしていく、と締め括ってます。

 証券会社は、どうしてもトレード中心に情報提供をしがちです。ファイナンシャルプランナーやアナリストの人も、職業トレーダーとしての考え方をそのまま個人にあてはめようとしているケースもあり、そのまま鵜呑みにしていいのか迷うケースも多かったです。長期スタンスの個人投資家としては、そのトレードだけではなく、トータルでの運用についての考え方も情報提供が欲しかったところでした。


『松本: 私はそのフルインベストメント部分にキャッシュというアセットを入れてもいいのかもしれないと思っています。なぜなら個人投資家の皆様の運用のニーズは年金運用に近いのかもしれない、と思うからです。

今まで、われわれはキャッシュをどこまで入れるかは個人投資家の皆様自身で決めて下さい、という考え方だったと思います。しかし証券会社として、キャッシュをどういう比率で組み入れるかについても踏み込んだ情報提供が求められるのではないかと思います。 』


 まさに、松本さんがコメントしている通りだと思います。投資は自己責任で、という言葉が氾濫してますが、やはりその考え方だけだと、資産運用の考え方の裾野は広がっていかず、いつまでたっても株は危険だな、という発想が抜けないと思います。

 ボク自身は、生活防衛資金(いわゆるキャッシュというアセット)を含んだ上で、全体のアセットアロケーションを公開してます。それは、個人投資家の場合は、どちらも自分の資産であり、運用も密接に相関し合っていると考えているからです。

 生活防衛資金をどれだけ用意するの良いか?というのは、人それぞれ色々と意見があると思います。マネックス証券には、その大きなテーマについて、情報提供をしていくとのこと。今後の情報やサービス提供を期待して待ちたいと思います。



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


国内株に関する考察
 3月下旬からの上げ相場で、パフォーマンスが改善しつつあります。気分的にも嬉しい限りですが、改めて冷静に現状を認識しておこうと思います。

 と言うのも、一時的に改善はしてますが、まだまだ厳しいパフォーマンスであることに違いは無いということです。今日(5/8)の日経平均終値は、9,432円です。保有国内株のアセットクラスパフォーマンスは、-28.9%。これから計算すると、大雑把に言って、日経平均が13,260円まで回復しないと、含み損が解消されない状況に変わりは無い、と言うことです。

<日経平均とロメオ88保有国内株100%水準との乖離>
090508_NIKKEI

 かなり乱暴な見方ですが、日経平均を活用し、自分の立ち位置は確認できると思います。乖離値は3,828円。やっぱり、追加投資をコツコツやって、地道に平均単価を下げないとな。

 こうやってチャートを見ると、13,260円って、リーマン破たん前の水準ですね。今年中にはそんだけ上がることは無いだろうなぁ。

 あと、投資を始めたのが2007年7月ですから、ホント高値スタートだったことがよくわかるよ。。よく投資の成果はアセットアロケーションが次第で、タイミングはさほど影響ない、なんて言われてますが、まだその域には達してないようです。早くそういう状態になる日は来るのかなぁ。。


 
 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


Alfa Romeo Miniature car Collection
 「サークルK」「サンクス」限定で、缶コーヒー1本に1台付属のAlfa Romeoミニカー キャンペーンを展開してましたね。4/14~ですから、気がつくのがだいぶん遅くなりましたが、GW中に急いで買い集め、何とか全種類の『赤』モデルを手に入れました!

 1/100スケールですが、かなり精巧に出来ていて、なかなかいい仕事してます。特にTZ2のレトロなスタイルがなんとも言えません。

Alfa Romeo
(左からGT,159,TZ2)

 そういえば、クライスラーの支援に、イタリアのFIATが決まってますね。アメリカでもいよいよAlfaの生産が始まるのでしょうか??

 


テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


2009年4月末時点の運用状況
 2009年4月末現在の集計をしました。クライスラーが連邦破産法申請となりましたね。思ったより市場へのインパクトは無かったみたいで、意外でした。もうある程度、市場は織り込み済みなんでしょうかねぇ?となると、次はGMですね。同じ道を辿りそうな感じがしますが、どうなるやら。


<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 88.1% From 2007.7
0904-01


<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 73.9% From 2007.7
0904-02


<国内個別株>
(2267)ヤクルト  (2712)スターバックス  (3048)ビックカメラ  (3099)三越伊勢丹H 
(4502)武田薬品工業 (5002) 昭和シェル  (6758)ソニー (7606)ユナイテッドアローズ
(8410)セブン銀行 (9437)NTTドコモ  (9602)東宝

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (生活防衛資金+α)
三菱東京UFJ (10万円)

<海外株 投資信託>
トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
年金積立インデックスF海外新興国株式
三井住友ニューチャイナファンド

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF EUR (海外預金扱)
日興MMF AUD (海外預金扱)

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信
(3240)野村不動産レジデンシャル投資法人 (J-REIT)


※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています
---------------------------------------

 国内株に新たにセブン銀行が加わり、これで、銘柄は11となりました。分散効果は20銘柄程度までと言われてるので、理論的にはまだ増やしても良さそうです。国内株については、銘柄を増やしつつ、平均単価を下げる保有銘柄への追加投資もしていきたいと思います。

 『生活防衛資金を含むアセットアロケーション』では、ついに国内預金が60%未満となりました。国内預金の金額自体は変動がないので、ここ最近のパフォーマンスの回復と継続的なリスク資産への追加投資が、国内預金の比率を押し下げてます。元本ベースでは、国内預金:51.4%なので、市場の回復具合によっては、一気に目標に近づくかもしれませんねぇ。。

 あと、『リスク資産への投資額推移表』も、今後は四半期に1回公開します。順当にリスク資産が積み上がってます。早くマイナス状態から脱したいなぁ~。

<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
0904-03

<各アセットクラスの状況>
0904-04

<リスク資産への投資額推移表>
0904-05




テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。