40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


企業トップは長期の視点で行動している
 今週は、第10回日経フォーラム「世界経営者会議」が開催されてました。ハワード・ストリンガー ソニー 会長兼CEOやカルロス・ゴーン 日産自動車 社長兼CEO / ルノー 社長兼CEO が出ていたので、ニュースでも取り上げられてましたね。世界中の有力企業のトップが集うイベントで、心強い講演があったので、特に印象に残った講演を紹介したいと思います。
 

■トーマス・エンダース エアバス 社長兼CEO

 金融の国際的な変化を正確にとらえることはオリンピック競技並みに難しい。企業は金融危機にも対応できる長期的な戦略、ビジョンが求められる。仮に今回の米国発の金融危機が起こらなくても、様々な環境変化が起きていたはずだ。最近の株安は単なる金融危機の影響だけではなく、官民の協力が得られなかった結果だと認識している。リーダーシップの欠如による危機といえる。

 長期的に見れば、私は世界経済を悲観していない。ドルが世界の基軸通貨であることに変わりはない。ただ世界経済は金融インフラだけでは支えられない。実体経済に目を向けることが重要だ。景気の循環は繰り返してもグローバル化は進行していく。これまでの海外戦略は変更しない。
【10月28日/日本経済新聞 朝刊より引用】

 
 うーん、心強い。エアバスと言えば、大きく低迷していた時期がある会社。そのCEOが言うのですから、発せられるコメントにリアリティがあります。この講演以外にも、さすが!、と思えるトップのコメント・考え方が紹介されてます。

 一個人の投資ですが、このようなトップの考え方をうまく応用することは可能だと思います。目の前の乱高下に動揺せず、長期的な視点でこれからも運用していきたいと思います。



 


スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


更に追加購入
 今日もまた笑っちゃうくらい下げましたねぇ…。 一体いつが底だかホント分からないですね。

 そんな中、ソニー続き、追加購入をしました。それは…

東宝(9062)

2)映画優待 ≪株主映画優待券の発行≫ 
100~499株 半年2枚  
800円で鑑賞可能
 
 ボクがよく行く映画館(六本木TOHOシネマ、シャンテシネ)の優待券を出してます。DVDを借りて見ることも多いですが、やっぱり映画館で見るのは迫力が違いますよね。特に六本木は深夜でも上映してるので、とっても便利です。

 これからも生活を潤す銘柄に投資していきます。



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


あっさりソニー約定
 24日(金)は、また思いっ切り下落しましたね。今月はホントに歴史に残る月になるんでしょうねぇ。

 そんな中、先日
アップしたソニー株ですが、あっさり約定しました。4-9月期決算での下方修正を見越して買い注文時の年初来安値以下で指値を入れてましたが、あっという間だったですね。

 こうして、自分の好きなブランドの株主になった訳で、感慨深いですね。さらなる下落もあるかと思いますが、ひたすらホールドの方針に変わりわありません。

 ここで思ったこと。こうして好きな個別株を購入していく行為は、なんとなくコレクター行為に似ているような気がしてきました。他人から見れば、経済合理性は無いと見られるかもしれませんが、本人はあくまでゴキゲンです。株券自体は電子化により手元にはないですが、ソニーのオーナーの末端に席を並べたかと思うと、気分が高揚します。

 無理に生活を切り詰めたり、圧迫しないように注意しながら、今後も自分のルールに沿って、好きな銘柄を購入していくと思います。


 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


国内個別株の配当について 【第1回目】
 評価額が大きく下げているので、気晴らしに年間配当がどれくらいあったか計算してみました。というのも、ボクの個別株の保有目的として、優待と同じくらいに重視しているポイントだからです。ようやく投資を始めて1年ちょっと経ったので、配当収入が定期的に入ってくるようになり、金利を含めた総利回りが計算できるようになったからでもあります。

■集計期間:2007年7月-2008年7月
■利回り:①生活防衛資金含む総利回り 1.06% … (配当+優待利用分+金利)÷総資産
      ②国内株利回り(優待除く) 1.58% … 配当÷国内株投資額
      ③国内株利回り(優待込み) 3.57% … (配当+優待利用分)÷ 国内株投資額

参考:日経225種の平均配当利回り 2.28% (2008.10.22)

※配当(分配金含む)・金利は税引後を用いてます
※利回りは年換算です
※処々の理由で7月決算にしてます
※株式売買手数料による利回り低下を考慮後の%です
 (売却はしてないので購入時の手数料を分母に加算してます)
※総資産内訳: 国内株取得原価+手数料+生活防衛資金

 さすがにこの相場状況だと日経225種の利回りは高いですね。優待込みだと何とか上回ってます。総資産ベースだと、国債利回りと同レベルでしょうか。税金を考慮すると、若干良いのかな。

 2008年8月以降の速報値(8,9,10月なので、速報値×4で計算してます)では、①1.64% ②2.52% ③4.76%となってます。高配当銘柄が徐々に利回りを押し上げてますね。

 配当は課税の影響で運用効率を押し下げる効果があり、人によっては敬遠される方もいるかと思います。ボクの場合はインカムゲインは安定して自分の資産に貢献してくれる精神的安心効果もあると思っているので、この利回りの拡大化にも注力したいと思ってます。但し、今のところ配当については、消費せず再投資に回しているので、複利運用中ですよ。

 今後も国内株については、日々の生活を潤す目的もあるので、優待を利用しつつ、楽しみながら運用していきます。

 なお、国外への投資信託については、自動再投資なので利回り計算がめんどくさいので、算出省略/除外とします。。


 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


ルールは継続するが、臨時投資もする
 先週、自分のルールに従って、地道に買い続けることの大切さを記載してますが、ちょっと臨時で資金余力ができたので、臨時投資をしようと思います。その資金余力の源泉とは、インセンティブです。

 インセンティブは、基本給・ボーナスとは別に四半期ごとに支給されていて、今月はその支給月にあたります。自分の仕事結果から、大体の支給額は想像できるのですが、今回は思ったよりも多いことが判明しました。なので、せっかくこういう下落相場ですから、記念に国内個別株を買おうと思います。 長い目で見れば、大いに買い時ですからね。

 その対象とは、『ソニー』です。

 そう、PCでは購入を見送った、お気に入りブランドです。今まで、配当が低いとか割高だと思って、躊躇してましたが、最近の下落で十分許容範囲に入ってきました。そして今日も大きく下落してました。とりあえずは、まだ下がるのを見越し、希望の金額で指値を入れて、様子を見たいと思います。

 でも、こんなにインセンティブが出るのは、暫く無いだろうなぁ。。明らかにFY08になって、景気が悪くなってきているのに、止めのこの金融危機。企業の事業投資マインドが落ち込んでるのが、日々の仕事でもヒシヒシと感じます。。どうなるやら…


テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


一旦集計してみた
 新しいPCのOSはVistaなんですが、使い方が慣れてないので、ちょっと戸惑いますね。あと、xpで起動したソフトがVistaだと動作しないのもあって、なんだかなぁって感じ。仕事では、xpへのダウングレードの話をよく聞くだけに、改めて実感。まぁ、そのうち慣れるでしょ。

 ところで、本来なら月末作業なんですが、やっぱり集計してしまいました。ただ、いつもと同じのをアップするのも何なので、まずはこちらを。リスク資産への投資額推移表です。

081005-01

 見事な下落。順調に投資額は増えているものの、この2か月で半年前の投資額レベルまで戻ってしまいました。トホホ…。

 あとは、いつものパフォーマンス表。

081004-01

 うーん、これは酷い。きれいな下落を描いている…

 今月購入分は、全体の平均購入単価が下げられるとはいえ、ここまで下がっているとあんまり落ち着かないですね。長期的な不景気の予感もしますし、本業への悪影響が気になります。そして、資産運用のテンションだけは落ちないように、心を強く持って頑張りたいと思います。
 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


結局、スペックにてPC決定
 先日エントリーした『PC買い換えようかな』のエントリーの続編。というか、今日、新たらしいPCが手元に届きました。このエントリーはNew PCからとなってます。

 さんざん悩んだ挙句、決めたのは、『
HP Pavilion Desktop v7580jp/CT』。

【スペック : HP Directplusでカスタマイズ:¥123,060(税,送料込) 】 
OS:Windows Vista Home Basic with Service Pack 1(SP1)
プロセッサ:インテル® Core™2 Quad プロセッサ Q6600(2.4GHz,8MB,1,066MHz)
メモリ容量(最大容量):2GB DDR SDRAM (800MHz 2DIMM)
ハードドライブ:750GB
オプティカルドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックス コントローラ:NVIDIA® GeForce® 8400HD(256M)
モニタ:三菱 20.1型TFTモニタ
オフィスソフトウェア:Microsoft® Office Personal 2007 with Microsoft® Office PowerPoint


 SONYが好きだ、ブランドイメージだ、やっぱり見た目だの、色々と言いましたが、結局はスペック重視、デスクトップ、低価格で選びました。最初はほどほどのスペックのノートPCかなと思ってましたが、よくよく考えると、自宅PCは持ち歩くこともないし、会社支給のノートPCと同じ方向のものを買ってもねって考え直しました。多くを適正サイズで表示が可能な大型モニターは、やっぱり便利ですからね。

 選ぶ際に考慮に入れたコトは、どうせ買うなら『Core™2 Quad プロセッサ』、自分好みにできる『カスタマイズが可能』、そしてやっぱり『低価格』、あと見た目も大事ということで『オールブラック(色です)』。店頭やメーカー直販サイトをいろいろと吟味した結果、仕事でも利用していて、馴染みのあるHPにすることに。

 SONYで同じようなスペック機を選ぼうとすると、倍くらい値段が違う。数万円の違いでしたら、ブランド料ってことで、割り切れるのですがね。これだけ違うと、もはや次元が違いました…

 さすが『Core™2 Quad プロセッサ』と『2GBのメモリ』。複数の同時処理も難なくこなしてくれますね。現在における最強スペックではないですが、ホントにストレスなく動きますねぇ。

 また同じ期間くらいは使うだろうと思って、HDは大きめにしておきました。個人使用レベルであれば、ストレージとして大いに活躍しそうです。ほんとは1TBでもよかったんだけど、バックアップ用に外付けHDをすでに持っているので、合わせて1TB以上になるから、価格も考慮に入れて750GBに。


 資産状況は目も覆いたくなる状況ですが、新しいPCを前にすると、少し心が浮き立ちます。恰好の現実逃避グッズになりそうです。

 でも、新たに集計とか、ついしちゃうんだろうな・・・





テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


現物取引&余剰資金で良かった・・・
 一体いつが底だかわかりませんね。日経225で東京電力以外は全て下落だそうです。毎日が今日こそ反転、って思ってますが、なかなかそうはいきません。

【NIKKEI NET 9日】
8日の東京株式市場で日経平均株価が急落し、終値は前日比952円58銭(9.38%)安の9203円32銭と、2003年6月以来5年4カ月ぶりの安値になった。下落率としては1987年10月のブラックマンデー(14.9%安)、1953年3月のスターリン暴落(10%安)に次ぐ過去3番目で、下落幅は過去18番目。前日の米国株安を受け、トヨタ自動車やソニーなど主力の国際優良株を中心に全面安の展開。米金融危機に対する政府の対応が不十分との見方や、実体経済への影響を悲観する見方が強まった。世界の株価連鎖安に歯止めがかからなくなってきた。

 東京証券取引所第1部の約96%の銘柄が値下がりし、日経平均株価採用の225銘柄のうち東京電力以外はすべて下落した。
【引用終わり】

 こんな状況で思うこと。国際優良株って一体何なんでしょうね・・・?素人考えですと、言葉の意味だけを捉えて、こういう局面でも下落に抵抗力がありそう、って思っちゃいます。でもそんなことはなく、売り込まれちゃうんですよね、換金性が高いから。

 あと、個人的なところでは、生活防衛資金をしっかり確保しておいて、良かったと改めて思います。確かに総資産の時価は、下がってます。でも、生活防衛資金を殆ど残さず、多くをつぎ込んでいたら・・・、ましてはレバレッジをかけて取引なんてしていたら・・・と考えると、冷や汗ものです。 

 そうなると、やっぱり自分のルールに従い地道に続けることが精神的安定につながります。今月はインセンティブの月ですが、これもルールに従って、資金投入をしたいと思います。
   

 


テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


2008年9月末時点の運用状況
 10月に入りましたので、9月末時点の運用状況をまとめました。世界の金融危機の影響を大きく受けて、大幅に下がりました。ただ、現時点で見るともっと下がってます。しばらく不安定な状況は続くんでしょうねぇ。

<内側:現状 外側:目標> Total Performance :92.7% From 2007.7
0809-02

<内側:現状 外側:目標> Total Performance :82.2% From 2007.7
0809-03


<国内個別株>
(2267)ヤクルト    (2712)スターバックス  (3048)ビックカメラ  (3099)三越伊勢丹H 
(5002) 昭和シェル  (7606)ユナイテッドアローズ  (9437)NTTドコモ 

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)

<海外株 投資信託>
トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
年金積立インデックスF海外新興国株式
三井住友ニューチャイナファンド

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF EUR (海外預金扱)
日興MMF AUD (海外預金扱)

<国内不動産>
(3240)野村不動産レジデンシャル投資法人 (J-REIT)
MHAM J-REITインデックスファンド(毎月決算型)


※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています
---------------------------------------

 新たな資産として、僅かですが、MMF AUDが加わってます。あと、早くMHAM J-REITインデックスファンドを東証のREIT ETFにリレー投資をしたいと思っているのですが、何となく相場が荒れているので、価格差が出るのが嫌で躊躇してます。まぁ、初めてのリレーになるので、初めの一歩が中々出ないだけですが。

 米国ETFも同じ。バンガードのVITが出たので、いよいよと思っているのですが、ヨーロッパ地域をどうカバーするかで迷ってます。バンガードのVGKが出れば文句無いのですが、今のところコストで劣るIEVになってしまうんですよね。

 こうして考えると、とことん優柔不断だなぁ、と自分でもガックリきますよ。。まぁ10月の宿題としよう。

<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
0809-01

<各アセットクラスの状況>
0809-04

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


J-WAVE 20th ANNIVERSARY
 今日は、何の日かと言うと・・・

 『J-WAVEの開局20周年の記念日』、です。

 J-WAVEは、常日頃、聴いているラジオ放送局、プラグインも入れてます。

 そのJ-WAVEが20周年ということで、
24時間番組を放送中
 
 いつも馴染みのパーソナリティーが、ゲストとして特別番組に出てるので、盛り沢山の1日ですね。

 ジョン・カビラさん、クリス・ペプラーさん、別所哲也さん、秀島史香さん、クリス智子さん

 ステキな音楽、番組、パーソナリティの声を聴いていると、とてもリラックスできます。

 今後もずっと聴き続けていくと思います。 
 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。