40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


REIT指数のETFが上場予定
今朝の日経新聞に気になるニュースがありました。

【Nikkei Netより引用】  野村アセット、REITに連動するETF上場を発表
 
野村アセットマネジメントは26日、不動産投資信託(REIT)の指数に連動する上場投資信託(ETF)を東京証券取引所に上場すると正式発表した。対象となる指数は「東証REIT指数」で、REITで運用するETFは国内初。上場予定日は9月18日。最低売買金額は1万3000円程度になる見込み。(20:31)       【引用終わり】

 現在、MHAM JーREITインデックスファンドをコツコツと積立てますが、毎月分配金なのがちょっと不満点でした。購入したい個別REITの額になるまでの積立のイメージでいましたが、今日報道されたETFの内容/状況次第では、投信による個別株の為の積立ではなく、純粋なREIT ETFの積立による運用を検討してみようと思います。

<MHAMJーREITインデックスファンドのコスト>
申込手数料(税込):0%
解約手数料:0%
信託財産留保額:約定日の基準価額に0.3%を乗じた価額
信託報酬(年率・税込):純資産総額に対して 0.6825%

 この内容よりコストが安いようであれば、ETFの最低売買金額は1万3000円程度なので、都度直接購入もありですね。ETFはマネックスの貸株サービス対象(8/26現在、東証銘柄:年率0.3%)となる為、株式売買手数料が都度発生したとしても、トータルコストは投信より安くなりそうな気がします。マネックスは携帯を利用すると、株式売買手数料(約定金額の0.105%、最低手数料105円)は安いので、数万円単位購入できれば、何とかなりそうですね。

 東証に上場されているETFはあまり売買高も冴えないので、流動性・継続性が気になりますが、ボクにとってはちょっと楽しみです。

 それと、ちょっと話題がそれますが、マネックスの米国ETFのバンガード銘柄の取扱は、まだかなぁ・・・



スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


CitiBankから個別営業がきた
 先週、CitiBank GoldCenterの担当者から自宅の電話に伝言が入ってました。内容を聞いてみると、「特に急ぎではないのですが、お電話しました・・・、また改めます。」とのコト。営業活動の一環なんだと思いますが、積極的に活動しているようですね。

 まぁ、金融商品をCitiBankから買うつもりは今のところないので、無視してたら、今度は自宅に投資商品のパンフレットが送付されてきました。なるほど、電話はこれの前触れだったのね。送られてきた中身は、外貨預金と投資信託の二種類。CitiBankのWebサイトにも頻繁に出てきている商品。

・「
円建て分配金確保型ファンド0809」 
・「
外貨預金キャンペーン(手数料・金利優遇型、投資信託と円定期預金セット型)

 うーん、どちらも高コスト商品。特にファンドの方は、交付目論見書もセットで届いたので、暇つぶしに読んでみました。その実態は・・・

お申込手数料:1億円未満(!):3.15%(税込)、3億円(苦笑)以上:2.10%、3億円以上(あらら・・・):1.05%

 もうこれだけでも、ビックリ。まったく恐ろしい世界ですね。サラリーマンには想像できない世界です。でもやっぱりいるんですよね、こういう設定をしているからには、3億円以上購入する人が。

 そして、信託報酬(信託期間3年間)、分配金はというと、、

 信託報酬:設定後1年間:年率2.5515%、2年目以降:0.6615%
 分配予定%:1年目:約24.0%、2年目以降毎期四半期:年率0.5%

ここで、CitiBankの説明分もつけちゃいます。一部ボクのコメント入れてますが・・・

 『 円建てで初回分配金約24.0%(予定、税引前)確保を目指す点がお勧めできる特徴になります。分配金を確保できるのは、一定幅以上の価格上昇メリット放棄と価格下落リスクの甘受により、投資利回りを引き上げているからです。「これからあがるだろうけど、まだ下がるかもしれない・・・」そんな心配には、『決められた収益(分配金)以上の部分を受取らない代わりに、40%の価格の下落までは投資元本の確保と分配金確保を目指します』、という点で解消できるのではないでしょうか。大きく儲からなくていいけれども、そこそこのリターンだけは享受したいという方に合った商品と考えます。

<ファンドの特徴>
■ 初回分配金約24.0%(予定、税引前)確保を目標
■ 参照為替レートは、ブラジル・レアル、ノルウェー・クローネ、トルコ・リラ
■ 一定条件下での投資元本の確保
■ 期間は最長3年、最短1年の早期償還あり

<こんな人におススメ>
■ 日本円で運用したい。
■ 分配金が確保されるとうれしい。
■ できれば短期間で利益を得たい。
■ 成長過程にある通貨に興味がある。

※最低購入金額 1,000,000円 (なるほど、さすがCitiBank、ハードル高いね)  』

 うーん、ちょっと難しいですね。要するに、「1年目の分配金は購入時に確定するから安心してね、2年目以降の分配金ははスズメの涙だけどね。もちろん、元本は為替相場の変動次第では元本割れも発生するし、カントリーリスク、価格変動リスクもあるよ。でも、1年目の分配金は約24%(3年トータルリターンは約25%,年率約8.3%)もあるし、高度な金融テクニックを駆使して損失も回避できるようにしてるし(でも一定の条件の範囲内でね)、魅力的でしょ。」と言ってます(この段落はボクの勝手なコメントです、あしからず)。

 でも、トルコもブラジルももっと高金利ではなかったような・・・?個別にはこのようなユーロ円債を購入する手段や発想があまり無いので、それを可能にするという意味では、この商品にアドバンテージはあるかもしれませんが。あと、何となく、凄そうとかね。

 百歩譲って外貨預金の為替手数料キャンペーンが気になるところでしょうか。普段から低コストのインデックス債券ファンドやコスト面で外貨預金より有利な外貨MMFを利用しているボクからしてみると、まったく触手が動きませんでした。まぁ、とにかく総じてコストが高いです。

 かなり掻い摘んで商品説明しているので、気になった方はリンク先にあるの交付目論見書を読んでみて下さい。よく読めば読むほど、難しくてよく分からないと思いますが。

 って、ダラダラ長文となりましたが、改めてCitiBankから金融商品を買うことは無いな、と思った出来事でした。CitiGoldの今後のアプローチについては気になると思う気持ちもあるので、アクションがあれば、またアップしたいと思います。




テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


景気停滞
 日銀の白川方明総裁が、19日の金融政策決定会合後の記者会見で、今回の公表文で景気認識を「停滞している」と前回7月の「さらに減速している」から下方修正しましたね。「停滞」は1997年からの景気後退局面以来の表現とのコト。そんな発表があった日の日経平均は、前日のアメリカ相場の下落を受けて300円も大幅ダウンだよ、まったく、溜息出ますね・・・

 日々の仕事でも、景気が良くないって感じることが多いです。確かに、お客様のIT投資予算が削減されたり、新規(入替)設備投資が先延ばしになったりする商談が増えていますしねぇ。FY08はFY07と比べて、厳しい年になりそうです。

 しかし、日銀総裁でも『無担保コールレートを、0.75%前後で推移するように促す』と言い間違えるちゃうんですね・・・。深層心理が出た訳ではないと釈明されてましたが、火の無いところに煙は立たないとも言うし。実際のところは、本人のみ知る、ですが、ホントのところ、どうなんでしょうね??
 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


ついに取扱開始 マネックス米国上場ETF・株
 ついにマネックス証券の米国上場ETF・株取扱が始まりましたね。紆余曲折があっただけに、勝手な想像もしてしまったこともありましたが、さすがに感慨深いものです。

 一通り手順/ガイドを読みましたが、外貨MMFからの直接の買い付けは出来ないようです。一旦、1日3回のセッションで外国為替取引をして、JPYをUSDに交換し、預かり金としておく必要があるとのコト。スプレッド(為替手数料)は25銭と、まぁ、良心的ですかね。

 ただ、一約定に付き 25.2米ドル(税込)と業界最低水準の手数料とはいえ、買い付け額によっては、コスト高になるコトは避けられないでしょう。自分の中で許容できる金額で購入したいものです。

 そして、予想していた通り、バンガードは間に合わなかったですね。ただ、順次追加ということなので、出揃うのを待ちたいと思います。なんせ、長期保有になるので、どの銘柄にするかは、結構重要ですよね。じっくり考えたいと思います。


 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


給料の管理方法についての本
 本屋に寄ったところ、著名なファイナンシャル・ジャーナリストである竹川さんの新著が書棚に並んでました。

「しくみ」マネー術「しくみ」マネー術
(2008/07/23)
竹川 美奈子

商品詳細を見る

 
 表紙に書いてあることとは・・・

 『口座は「生活・貯蓄・プール・投資」の4つに分けなさい!』

 おお、まさにこの方法は、
この前記事にした内容と同じだ!給料を4つの口座に振分けて管理していく。ボクが実践している方法が、お墨付きを頂いたみたいで、ものすごく心強くなりました。自動積立ではないので、正確には若干違いますが、パラパラっと目次を見た限りでは、基本的な考え方は一緒のようです。

 サラリーマンの蓄財とその管理は、自分なりに「しくみ」を作ってしまうのが、手っ取り早いと思います。日々の仕事でも、如何にして「しくみ」を作り上げるか、というが割とキーになっているような気もします。

 本の中身の紹介は割愛するので、気になる方は書店でお手にとってみては、いかがでしょう。amazonでも買えますね。

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


2008年7月末時点の運用状況
 8月に入りましたので、7月末時点の運用状況をまとめました。

<内側:現状 外側:目標> Total Performance :95.4% From 2007.7
0807-02

<内側:現状 外側:目標> Total Performance :88.8% From 2007.7
0807-01

<国内個別株>
(2267)ヤクルト    (2712)スターバックス  (3048)ビッグカメラ  (3099)三越伊勢丹H 
(5002) 昭和シェル  (7606)ユナイテッドアローズ  (9437)NTTドコモ 

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)

<海外株 投資信託>
トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
年金積立インデックスF海外新興国株式
三井住友ニューチャイナファンド

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF EUR (海外預金扱)

<国内不動産>
(3240)野村不動産レジデンシャル投資法人 (J-REIT)
MHAM J-REITインデックスファンド(毎月決算型)


※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています
---------------------------------------

 7月は銘柄に変更はありませんでしたが、インセンティブ(給料)が入ったので、追加資金を多めに投入してます。ここ数ヶ月の継続的な方針により、海外株を順調に積み増してます。とはいっても、大幅な下落に備えて、MRFにはある程度一定の金額は残しておこうと思ってます。大きく下落した時に国内個別株を買うとなると、流動資産であるMRFがある程度無いと身動き取れないですからね。

 そういえば、久しぶりにパフォーマンスが改善しています。まぁ、追加資金のおかげってのもありますが、コツコツ積上げて平均取得単価が下がってきているのも効いてます。まだまだ2007年12月末の時点よりも悪いですが、愚直に積上げていきます。

<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
0807-03



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


マネックスの米国上場ETF・株式再延期  その2
 さすがにマネックスも説明不足を感じたのか、米国上場ETF・株式の取扱い開始時期の遅延について補足情報をアナウンスしましたね。7月下旬のアナウンスでは、二度目の延期にしては、そっけない感じのコメントだったので、方々から指摘があったんでしょうねぇ(ボクも記事にしました)。

 理由としては、やはりシステム対応でつまずいているとのコト。東証/大証のETF上場加速は、あまり関係なかったみたいですね・・・ボクも仕事柄、システムのカットオーバーが遅れる事例を沢山見てきてます。というか、かなりの確率でシステム開発って、遅れるんですよね。あとは、どれだけそういう状況をしっかり受け入れ、スケジュールをアップデートしていくかが、プロジェクトマネージャーの腕の見せ所でもあり、システム部隊の実力が出ますよね。

 まぁ、推測はさておき、アナウンス内容はというと・・・
 
【引用開始】

マネックス証券のログイン後画面から米国株取引画面に再度ログインすることなく、直接取引画面に遷移する機能(シングルサインオン)の実装を予定しております。

■取扱い銘柄 ・ ニューヨーク証券取引所(NYSE Arcaを含む)、アメリカン証券取引所、ナスダック証券取引所に上場する米国ETF54銘柄
・ 米国の株価指数の他、新興国を含む世界各国の株式指数、株式以外の資産を対象とする債券、不動産、コモディティの指数等、バラエティ豊富な資産に連動
・ ダウ工業30種平均株価を構成する個別株式30銘柄
・ 本邦初となるバンガード運用の米国ETF銘柄の取扱いも準備中

■手数料 ・ 取引手数料は業界最低水準の一約定につき25.2米ドル(税込)
・ 売買は1株(口)単位から可能

■取引方法 ・ ニューヨーク現地時間9時30分から16時まで、リアルタイムに取引可能
・ 口座開設から取引までウェブ上で完結

【引用終わり】

 アナウンスの内容としては気になったのは、待望のバンガードETFの取扱がでしょうか。準備中ってことは、スタート時は取扱が出来ないのかもしれませんね。バンガードのUS Web siteでも見て、少しはリサーチしてみようかな。全世界に1本で投資できる『Vanguard Total World Stock ETF (VT)』は、取扱対象になるんですかね?色々と考えるとワクワクしますね。あと、シングルサインオンは、確かに便利そうです。

 アナウンス不足からくる迷走感が否めなかったマネックスの米国上場ETF・株式。メニュー自体は期待できそうな内容なので、後は正式な取扱開始を待つだけですね。



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。