40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気がつけばユーロ/円が170円に迫ってる
 しかし、ユーロが強いですね。ヨーロッパモノの洋服/小物が高くなるので、程々だといいんだけど。この夏のヨーロッパ方面への旅行は、「原油高+ユーロ高」のダブルパンチで、低調になりそうですねぇ。

 ボクはMMFEURを保有してます。平均購入単価は「156.3」ですが、複利効果もあって、平均取得単価は、『153.9』まで下がってます。昨日が「169.3」なので、その差「15.4」。なので、ここ数ヶ月、MMFEURへは全く追加投資は行ってません。年に数回の大きく安くなるタイミングを見計らって、追加投資のタイミングを気長に待ちますか・・・

<2007/03-2008/07 ユーロ対円 週足>

EUR0729

スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


マネックスの米国上場ETF・株式再延期
 25日(金)に米国上場ETF・株式の取扱再延期のアナウンスがありましたね。マネックス利用者としては、残念なアナウンスでした。取扱の時期については、ついに明示を避け、確定次第のアナウンスとなっており、まだしばらく掛かりそうな感じ。そのまま企画倒れの可能性もあったりして・・・

 こうなるとシステムが間に合わないとかのレベルでなく、他のところにも原因がありそうです。ここ最近の東証/大証でのETF上場加速も影響してるんですかね。米国上場ETF・株式の取扱を始めたとしても、東証/大証での上場ETFに資金需要が取られて、税制面で利用者の手間の掛かる米国上場ETF・株式では大きな成長(儲け)を描けないんでしょうかね・・・。あとは市場全体の落ち込みによる需要不足とか。つまり、マネックスも事業会社なので、儲けの出ない赤字垂れ流しのシステムになってしまっては敵わない、という経営判断かもしれませんね。

 いずれにしても、マネックスでの米国上場ETF・株式運用のプランは、足踏み状態。いっそのこと東証に期待してしまおうかなぁ。それとも楽天証券に口座開こうかな?それともSBI証券か?長期投資になるので、管理手間の観点からも証券会社はひとつに絞りたいんだけどな。なんだか、米国上場ETF・株式については、スッキリしないモヤモヤした夏になりそうです。



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


身近な方の投資事例を聴いてみて
 三連休を利用して、大学時代の友人達とゴルフ合宿を行いました。天気も良く、日焼け跡がヒリヒリと痛いです。海沿いのコースだったので、景色もよく、リフレッシュできました。

 そのメンバーの一人に、熱心に投資活動を行っている先輩がいて、話を聴くことが出来ました。普段、お金の話をすることは無く、何となく投資をやっているとの噂は聴いていたので、こちらから話を振ってみた所、ポツポツと語ってくれました。ゴルフは、約半日、一緒にラウンドするので、色々と話し込めて、いいですよね。

 その先輩の投資とは、『国内個別株スイング売買』+『現物不動産』、なかなかの利益を上げているような感じでした。外資系の製薬会社に勤めているので、羽振りが良いせいもあるのか、身近に投資に熱心な方が多く、触発されて始められたようです。

 『国内株スイング』については、次の点に心がけて投資を行っているとのコト。

・早めの損切り
・市場が軟調のときは、投資せず、様子を見る 
・投資銘柄は複数だけど、同一銘柄
・株への投資額は金融資産の25%に留める、残りは預金(不動産投資がある為、保守的な比率にしている)

 大きく儲けるのではなく、コツコツと利益を積み重ねていくスタイルをとっているようです。なるほどと思ったのは、儲けられなさそうな時(市場が軟調で全体が右肩下がり)は、投資をしないとのことでした。全体的に下げ止まった時に、決まった銘柄を安値買いして、上がったら利確。数多くの銘柄に手を出すのではなく、じっくりと特定の少数銘柄で勝負するので、手堅いなと思いました。

 『現物不動産』は、いわゆるマンション投資。自宅だけでなく、投資用マンションも持っている様子。ポイントは、次の点。

・如何に資金を用意出来るか?
・築年数経過による資産価値下落は、立地でカバー
・調達による金利負担は、確定申告による節税で少しでもいいから取り返す

 初めの投資では低利の住宅ローンが活用できたので、低金利を謳歌しているが、二軒目以降は不動産投資用金利が適用されているので、若干費用面で苦しいとのコト。やはり、自己資金の厚みが収益に影響しているようです。新しい視点としては、節税効果ですかね。確定申告で課税所得を減らし、税金による投資効率が下がることを少しでも軽減する方法を取っているようです。金持ち父さん的発想ですね。やはり節税は、大きなテーマだと力説されていました。

 親しい仲でも、お金のことは殆ど話すことが無いので、新鮮だったのと共に、参考になりました。ただ、そうは言っても、踏み込んで話をするのも難しいな、とも思いました。やはりいくら親しくても、まだまだ投資や資産運用の考え方まではお互いに知らないので、どこまで踏み込んで話していいものなのかが、判らなかったですね。機会があれば、もっと踏み込んで話してみたいものです。



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


この1年間の振り返り
 元本保証の無い投資を始めてから今月で、1年が経ちます。今後の投資活動を行う上でも、1年を振り返ることも大切だと思い、思うところを記してみました。

■良かった点

①自分なりの投資スタイルが確立できた 
様々な投資スタイルがある中で、売らずにコツコツ元本を積上げるスタイルが自分の性格に合うというのが把握できました。国際分散投資によるアセットアロケーションも実践できたと思います。そして、生活の上での金融リテラシーが身につき、資産を確実に積上げることが出来たのが、最大の利点だったと思います。

②ブログを始めた
知識の双方向が実現でき、情報を入手するだけでなく、僅かながらでも自ら発信できたかなと思います。世の中の多様な意見・方針を理解するのにブログは大きく役立っています。素人投資家の小さな声は、販売側からの大きなコメントよりも、参考になることが多かったです。

③自己研鑽をするようになった
勉強意欲が以前に比べて湧くようになった、自分を客観的に見る視点ができた、継続することがとにかく大切だと再認識できました。とにかく、副作用というか、効果というか、社会人生活で若干中弛み気味だった日常に『カツ!』が入りました。


■良くない点、改善点

①ブログの内容が稚拙
30代サラリーマンとしては、ちょっと内容が物足りなかったような気がしてます。文章力の無さ、構成力の欠如、知識の欠如、発想の欠如など、読み返してみると数多く反省点が出てきます。変に力む必要は無いと思いますが、個人的にはもう少し充実した内容にしていきたいと思っています。

②何だかんだいって、パフォーマンスが良くない
現状のパフォーマンスを鑑みると、長期投資なのでこんな時もあるさ、とは思ってますが、心のどこかでもう少し良いやり方があるんじゃないの?と日々自問自答してます。例えば、『高値掴みが多い』『追加投資資金の枯渇に対する対策が出来てない』とか。基本的なポリシーは変えずに、パフォーマンスを改善する余地はまだまだあると思いますが、余計で変なことはせずに、更なる自分スタイルを確立したいです。

③いまだ独身だ・・・
相互リンク先のブロガーさんの中には、世帯を持たれている方が居られます。周りを見渡せば独身者も少なくなってきました。まだ独身なので、かなり好き放題に生きてますが、家族がいるとそういう訳にも行かないでしょう。そんな中、長期投資を実践されているのを見ると、頭が下がると共に、「何とかしないとなぁ」と反省してしまいます。


 最後は、笑えない反省になってしまいましたが、「長期投資よりもそっちが先だろっ!」と心の奥で思いつつ、出来ることから頑張りたいと思います。。。



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


HSBCプレミア
 日経を購読しているのですが、それについてくる折り込み広告の中に『HSBC PREMIER』が入ってました。普段は、不動産/車/家電/スーパーが多いのですが、銀行のは珍しいですね。その広告自体が、新聞と同じサイズで4面もある大きな広告。大型マンションの広告よりも大きく、かなインパクトがあります。HSBCがこのサービスに如何に力を入れているかが判りますね。

 まず1面に『世界でNo.1のブランドが、銀座にやってきます。(じつは銀行です。)』とシンプルに大きく銘打ってます。そう、これは銀座支店Openの広告。そして2,3面には、ウェブサイトと同じメニューの説明。4面は女性の銀座支店長自らの写真を掲載し、あいさつ文があります。支店長だけでなく、リレーションシップマネージャー(顧客担当者)も顔出しなのもビックリ。

 内容としては、海外ネットワークと豊富な外貨預金メニューが、今のところの大きな売りなんでしょうかね。citi bankのcitigoldを意識しているのは明白ですが、今後どの様なサービスが出てくるのかは、興味がありますね。国内の銀行/信託銀行と違って、不動産関連の儲け話(融資)に強いわけではないでしょうから、海外投資関連がメインなんでしょうね。まぁ、そのサービスには割高な手数料がかかるんでしょうけどねぇ・・・。

 日本では表立ってお金持ち相手の特別窓口を設けますって言いにくかった風土があるので、国内銀行/信託銀行/証券会社は個別に富裕層向けに営業活動を行っていたと思いますが、そのうち同じ様なメニューを展開するんでしょうかね。こういうセグメント別ブランディング戦略は、外資が得意なので、負けじと頑張って欲しいですね。


テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


東証アローズを見学
 仕事で日本橋近辺に行ったんですが、ちょっと時間が余ったので、足を伸ばして東証Arrowsに見学に行ってきました。見学自由っていうのは、前から知ってたのですが、中に入るのは初めて。よくテレビの映像で流れている光景を実際に見るのは、不思議な感じがしました。 

 立会場だったところは、今は円形の電光掲示板と証券取引監視員がいるだけで、がらーんとした感じ。今度、7月18日に野村アセットマネジメントによるETF「NEXT FUNDS ブラジル株式指数・ボベスパ連動型上場投信が上場する予定とのことで、セミナー案内の掲示が多かったですね。

 特に真新しいモノは無い中、唯一興味をそそったのは、THOMSON REUTERS/NRI/BloomBerg/QUICKの情報端末に触れることが出来たことでしょうか。さすが、プロのディーラーの方々が使う専門端末なので、情報の表示量や見やすさが違いますね。ニュースの更新スピードも速く、社会ネタから企業情報まで、とにかくドンドン情報がアップされてました。もちろんこの端末だけが情報源ではないでしょうが、これを四六時中見ながらトレーディングをしている人と、少ない情報の素人個人投資家が勝負しても、話にならないなぁと改めて実感しました。

 サミット開催中ということもあり、警備体制が厳重だったので、ちょっとうんざりしました。そこらじゅうの警備員に監視されている感じで、落ち着かないったらありゃしない。まぁ、一人でふらふらと見学している人は警戒されて当然かもしれないですがね・・・


テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


昭和シェルが頑張っている
 国内株の中で、「高配当」+「配当で過去払ったガソリン代を少しでも取り返してやる」目的の昭和シェル石油が軟調な市場の中で、頑張ってます。下がり続ける日経平均を尻目に、ググッと上昇してます。

 きっかけは、これ ⇒ 『
CIS太陽電池量産技術の共同研究開発について

 まず日経一面に載り、プレスリリース、それに呼応して、年初来高値更新。石油製品以外で大きな事業を持たない昭和シェル石油。事業ポートフォリオの観点からも、太陽電池事業については、大きく育って欲しいものです。もちろん、地球のエコの為にも。


テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


2008年6月運用状況
7月に入りましたので、運用状況をまとめました。

<内側:現状 外側:目標> Total Performance :94.6% From 2007.7
0806-0102

<内側:現状 外側:目標> Total Performance :86.2% From 2007.7
0806-0202



<国内個別株>
(2267)ヤクルト    (2712)スターバックス  (3048)ビッグカメラ  (3099)三越伊勢丹H 
(5002) 昭和シェル  (7606)ユナイテッドアローズ  (9437)NTTドコモ 

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)

<海外株 投資信託>
トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
年金積立インデックスF海外新興国株式
三井住友ニューチャイナファンド

<海外債券>
年金積立インデックスF海外債券へッジなし

<海外預金>
日興MMF USD (海外預金扱)
日興MMF EUR (海外預金扱)

<国内不動産>
(3240)野村不動産レジデンシャル投資法人 (J-REIT)
MHAM J-REITインデックスファンド(毎月決算型)


※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月の追加分により拡大しています
---------------------------------------

 6月は、新興国向けのインデックスFを追加しました。平行してトヨタアセット・バンガードに積極的に追加投資をしている為、海外株が積み上がってます。世界的に先行き不透明な状況が続いてますが、今後も淡々と積上げて行きたいと思います。全体としては、3ヶ月連続微減(ほぼ横ばい)、追加資金を考慮すると、実際はマイナス運用ですね。それでも、売却無しの追加投資が出来ているので、まぁ良しとしますか。

 国内株は、完全なほったらかし。日経平均が43年ぶりの10日連続の下落ですねぇ。新たにターゲットにしている銘柄が年初来安値を付けるようでしたら、7月の臨時追加資金(インセンティブ)で検討してみようと思います。そうでなければ、しばらくは最近の方針通り、海外株を積上げます。あと、積み上がったトヨタアセット・バンガードをETFにリレーしたいので、マネックスの発表も楽しみです。

<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
0806-0302


テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。