40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生活防衛資金のNext口座 2
 今朝の新聞で、シティバンク銀行の個人部門売却検討において、売却先候補を三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、三井住友トラスト・ホールディングス、新生銀行の4グループに絞り込まれたと報道が出てますね。

 売却先が決まるのは年内、若しくは年明けになるようです。新たな口座を決めるには本来ならまだ時間はあり、売却先銀行が顧客流出を防ぐプランを出してくると思うので、時期尚早の気もしますが、粛々と進めていこうと思います。

 で、早速、新たに口座を開設しました。それは、「
セブン銀行」です。

 ボクは2009年からセブン銀行の株を保有しているのですが、実は口座を開設してはおらず、ATMの利用に留まっていました。ATM設置が20,000台を突破し、コンビニ内だけでなく、オフィスビル、駅、ショッピングセンター、空港等で、現金が必要になるな、というようなところに気が付いたら置かれていますね。市場の認知度もかなり上がってきていると思います。

 ■選定のポイント
・預金保険機構の対象なので、安全資産といえる
 ⇒これは容易にクリアですね

・ATM台数は多いが、手数料に関しては利便性が高いとは言い切れない
 ⇒引出し無料は、7:00 - 19:00で、実は、全ての時間が無料ではない
 ⇒振込手数料も無料ではない
 ⇒基本的に放置の資金なので、この点は優先順位が落ちる

・他行と比べ、尖った点がある
 ⇒普通預金金利が比較的に高い
  ⇒イオン銀行、住信SBI銀行、大和ネクストなど、より高めの金利を提供している金融機関は有りますが、 上位5社に入っている
  ⇒2014年9月21日現在、年利率(税引前):0.05%
   ⇒因みにシティバンクは、0.001%と1/50…
 ⇒ポイントサービスがある
  ⇒これはセブン銀行ならではですね、nanacoポイントが取引内容に応じてもらえます
  ⇒でも、現時点では対象になる取引をこの口座でするつもりはないので、あくまでオプションですね



 上記のような理由で口座開設をし、手元にキャッシュカードが届きました。9月に申込なので支店名が、「サルビア支店」と聞きなれない名前。サルビアって、何だと?とググったら、シソ科のアキギリ属の花とのこと。画像を見ると見たことがあるような気がします。花の名前も知らないとは、ちょっと情けないですね。。

 もちろん、売却せず、というも選択肢としてはあると思うので、今後はどうなるかまだ分かりません。取り敢えず、口座を開設したので、何時でも資金は移せますし、たぶん、一部は金利につられて、移すと思います。

 さてさて、どうなることやら。クレジットカード部門も対象となっているので、そっちもちょっと悩ましいですね。推移を見守りたいと思います。
 
 

 

スポンサーサイト

生活防衛資金のNext口座
 ここ最近、ニュースにもなっているシティバンクの個人向け業務日本撤退に向けた動きを見まして、生活防衛資金用口座としてメインで利用しているボクとしては、来たる"X DAY"に備えて、資金の振り先の検討を始めました。

 そもそも生活防衛資金を含む国内預金資産とはボクにとって、何なんだろう、という整理からしてみました。

■生活防衛資金を含む国内預金資産とは
・リスク資産に組み込まない、生活費24ヵ月分の安全資産+α
 ⇒失業、転職、病気、怪我、被災等の人生のリスクが出た時の保険的な意味合いが強い
 ⇒長期の縛りの無い、流動資産で保有する
  ⇒具体的には日本円の普通預金での保有を想定
 ⇒大きめの買い物、旅行、趣味、急な出費に対応するのがα部分
 
・市場が大荒れになっても、投資をやめない安心材料
 ⇒リーマンショックを経験した時に本当に心強かったです
  ポートフォリオ全体の動きをややマイルドにします
 ⇒いざというときは、α部分を臨時追加資金として投入し、パフォーマンス向上を狙う予備資金となる

・無駄にお金に固執せず、長期的な視点で物事をとらえることのできる精神的ゆとり
 ⇒仕事でも人生でも、金銭面でゆとりが無いが故に選択肢が狭まる場面が多々ある
  ⇒その時に後悔をしなくて済むような精神的な支えになっている

 
 では、ボクにとっての生活防衛資金+αの定義をしたところで、次に、生活防衛資金に求められる要件はなんでしょうか?

■生活防衛資金に求められる要件
・安全資産である
 ⇒預金保険機構の保証の範囲内で保有する
  ⇒金融機関の信用度に左右されない口座にする

・利便性は悪くても良い
 ⇒基本的には入出金をしないので、利便性が薄く、引き出しにくい方が、この仕組みを維持しやすい
  ⇒でも、契約面で拘束は入れたくなく、流動性は確保したい

・単なる銀行口座ではなく、尖った側面がある
 ⇒ある程度の金額なので、単なる預金口座では無い、差別化され利点を求めたい
 ⇒金利の優位性、優遇された手数料、ブランドイメージ(保有の満足)
  

 上記の整理により、これまでは、シティバンクを使用していました。上記要件をある程度満たしていて、特に海外でATMから引き出せるサービスは他に追随を許さない尖った側面でした。

 そんなシティバンクでしたが、ボクなんかは口座にお金を入れているだけ、投資信託を買う訳でもなく、外貨預金をする訳でもなく、手数料を落とす行為はほとんどせず、他行利用によるATM手数料無料を謳歌し、この低金利下では全くの赤字顧客だったと想像します。

 次回は、上記を受けて、取ろうとしているアクションを記事にします。






久々に確認してみたら金利が…
 2月末の資産状況の整理をしていた際に、ふと思い出したように生活防衛資金を預けているシティバンクのHPを確認してみたら、思わぬことが判明しました。

 それは金利の逆転です。

 eセービングはシティバンクのネットバンキングで口座維持手数料無料、マルチマネー円普通預金より高金利というコトで、メリットを謳歌しているつもりでしたが、いつの間にかマルチマネー円普通預金よりも金利が低く設定されてました。。

■2012/03/02 17:09 現在の水準
円普通預金 eセービング 0.020%
マルチマネー円普通預金 0.030%

 うーん、僅かだが逆転している。いつの間に、と思って色々調べたら、少なくとも半年以上は逆転現象が起きていたみたいだ。。生活防衛資金については完全にほったらかしだったので、金利チェックすらしてませんでした。今はスズメの涙の金利なので大した影響は無いですが、今後は注意したいです。

 円普通預金 eセービングに生活防衛資金を預けていたのは金利が高いからで、それがマルチマネー円普通預金の方が金利が高いとなるとeセービング口座に入れておく必然性は無くなりました。なので、ネットバンキングでマルチマネー円普通預金に全額移行させました。


※円普通預金 eセービングについての記事は、
こちら
※生活防衛資金の預金管理の記事については、
こちら
※マルチマネー円普通預金は運用用の口座で、キャッシュカードがなく、普通の預金口座よりセキュリティが高いのが特徴です(キャッシュカード紛失リスクが無い)


 あと、シティバンクのHPは非常にシンプルな形になってますね。やはり金融庁からの行政処分が効いているのでしょう。リスク性商品の勧誘停止期間は2/9で終了してますが、喪中といった感じでしょうか、全く営業的な匂いの感じるページは無くなってます。

 なお、シティバンクに口座保有済みの預金者においては、追加でeセービング口座の開設を停止しているようです。薄利のeセービング口座への移行を食い止めたいんでしょうね。事情はよくわかりませんが、eセービングについてはあまり積極的ではなさそうです。システム維持費もばかにならないでしょうし、ひょっとするとeセービングについては縮小、閉鎖を考えているのかもしれないですね(完全に憶測です、ご注意を)。なにせ、儲けに対して貪欲な銀行ですから…

 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


仕方ないね
 前に記事してから時間が経ちましたが、木村剛氏が起訴されましたね。残念です。


 彼がしたことは、これから裁判で明らかになっていくでしょうが、自己保身のために行ったとすれば、経営者としては失格だと思います。まだ判りませんが、有罪が確定したら、しっかりと刑期を全うして、一から出直してほしいですね。

 木村氏はこういうことになりましたが、生活防衛資金の考え方自体は、示唆に富んだ意見だと思います。木村氏の現況とは別に、生活防衛資金の考え方は今後も大切にしていこうと思います。なにせ、生活防衛資金は生活におけるベースになりますからね。



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


残念だが経緯を見守りたい
 ボクの資産運用に大きな影響を与えてくれた「投資戦略の発想法」の著者 木村剛氏が会長を務めていた日本振興銀行が大きく揺れてますね。金融庁から行政処分を5月末に受けてますが、検査妨害容疑で警視庁から強制捜査を受けてます。木村剛氏も取り調べを受けている様子。もし、報道されている通りだとすると事態は深刻でしょう。

 生活防衛資金を確保したうえで、リスク資産への投資を行うべし、という発想は、木村剛氏のパーソナリティの部分とは関係なく、今でも示唆に富んだ考えだと思ってます。生活防衛資金の金額については、収入の半年分だったり、1年分だったり、2年分だったりと、個人の生活背景によって変わってくると思いますが、何らかの形で確保されている方は多いと思います。

 ボクの場合は、既に一定の生活防衛資金は確保してあるので、あとはリスク資産をバランスよく積み上げていくステージにあり、今後もこの方針が変わることはありません。何度も同じことを記事にしてますが、安心/安定感が違いますよね。

 いずれにせよ、今後同行と木村氏がどのようになるかは、気になるところです。新興の銀行が利益追求に走り過ぎた場合に、どのようなことが起こってしまうのかが明るみに出る訳ですから。




 

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。