40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

ロメオ88

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


投資を始めたタイミングについて思うこと
改めて投資を始めた時のことを振り返ってみたいと思います。
振り返ってみると、怒涛の半年だった様に思います。

というのも、ボクが本格的に資産運用を始めたのが、2007年7月~というのに起因してます。
2007年7月末以降の世界的な市場の混乱・アップダウンの影響をもろに受けてしまったからです。
例えるならば、素人がいきなり台風が来ている海に向かって、サーフィンを始めるようなものです。
今考えると、よく溺れなかった(市場を退場しなかったとでも言いましょうか)、とシミジミしています。

以前に資産運用を始めるきっかけを記載しましたが、正にUA(ユナイテッドアローズ)の株主優待が届いたその日(2007年3月決算分)から、運用を始めようと決意をしたのです。
その頃は、サブプライム問題がいつ表面化してもおかしくないと、言われていたものの、
マネー雑誌や週刊誌では、2007年後半に向けて日経平均は20,000円を超えてもおかしくないって論調が多く見られている様な、地合でした。

金融リテラシーの無い初心者は、その手の論調についうっかり信じてしまい、
喜び勇んで貯金を切り崩し、投資をするぞ、と鼻息を荒くしたのを覚えてます。

購入する銘柄を決め、実際に投資をし始めたものの、ずるずると株価が落ちてくるではないですか!
その時の恐怖といったら、表現のしようがありません、恐ろしい世界に踏み入れてしまったな・・・と。

ただ一方で、これは相当勉強しないと物凄い痛い目にあうぞ、とも思いました。
そして、8月の下げ局面のさなか、自分に合った投資スタイルとは?というのを模索するべく、
書籍・ブログを読み漁り、今日の投資スタイルに落ち着いた訳です。

ある意味、資産運用開始の段階で躓いたことで、
逆に自分には金融リテラシーを高める必要性が大いに有る、
と認識することが出来たのです。

この教訓は、資産運用だけに限らず、全てのコトに共通するでしょう。

「痛い目にあわないと本当の意味での実感は伴わない」
「その痛い思いは、知識を強化することで次の痛みが来るのを、防ぐことが出来る」
(by ロメオ88)

人間は弱いものです、ましてやお金のこととなると盲目になりがちです。
資産運用を今後も続けていきますが、この教訓は守っていきたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


資産運用を始めるにあたって③
<初めての株購入>
口座開設が済み、いよいよ必要資金を口座に入金。
株価のチェックを始めてから1ヶ月くらいが経過していたと思います。

買いごろかな?という価格を自分に中で決めて(全く根拠が無い・・・)、
指値で注文を出しておきました。
そして、注文も出していたことも忘れた2週間後くらいに、
マネックスのサイトをチェックしてみると、いつの間にか決済が済んでました。

全くあっさりしたもんだと思いつつ、画面上以外は何の変化も無く、
実感も無いまま、またもや運用への興味がほったらかしの状態に突入してしまいました。

今振り返ると、まだまだ投資に貯金資金を回すのに抵抗があったのだと思います。


<初めての配当+優待>
2007年の梅雨時期に、UAの「配当金」と「優待券」が郵送されてきました。
人間ってホントに現金なもので、自分の手元に目に見える果実が届くと、
今迄の投資に対する心理的抵抗はどこに行ったんだ?と思う位に、
気持ちが高ぶったのを覚えてます。

わずかな金額なのにね、そして実質的には投資効率を下げてる
税金が取られてるんだけどね。




テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー


長期投資ブログを始めるにあたって②
<投資再開のきっかけ>
投資にまったく興味の無い生活を送ってましたが、
お気に入りのサイトを見ていて、気持ちの変化が出てきました。

それは、UA(ユナイテッドアローズ)のHPを何気なく見ていた時です。
「株主優待」の文字が目に留まりました。
今までは、なぜかまったく反応しなかったのに、その時に限って妙に気になりました。

優待内容を見てみると、割引の優待券を株主に発行しているとのこと。
ポイントカードと違って、株を保有すれば無条件に手に入る割引の権利。

スーツや洋服をUAでよく買っていたので、これは素敵な制度だと感心し、
それから株価をチェックするようになりました。


<口座開設>
しかし、優待につられて株価をチェックし始めたものの、
証券口座を持っていないことに気付く。。。

そこで色々な証券会社のHPを見て、解説のための幾つかの優先順位を
自分の中でも設けました。

・手数料は出来るだけ安く
・ネットで取引が出来る
・サイトが分かり易く、親しみやすい

とはいっても、無い知識の中で素人が考えたので、
はっきりいって今考えると検討してないのとおなじレベルでした。

そんな中で選んだのは「マネックス証券」。
理由は単純。

・サイトが親しみやすい
・ネット取引専業である
・手数料もそこそこ安い 
・ソニーが出資している

最後のは何だかミーハーな気持ちが出てしまいましたが、
しょうがないんです。
I LOVE SONYなんだから・・・(笑)

そんなこんなで、2006年秋に口座を開設し、
初の株式購入に備えたのでした。






長期投資ブログを始めるにあたって①
本格的に株式・投資信託を始めて半年。
自己流ながらも投資の難しさ・面白さが分かってきましたが、
皆さんと交流を図り、金融リテラシーの向上を目指したいと思います。

これから定期的に更新をしていきますが、まずは資産運用を始めるきっかけを、
自分自身の振り返りも兼ねて数回に分けて記載していこうと思います。


<投資を始めるきっかけ>
大学卒業後、新卒で入社した会社の持ち株会から積立投資を数年行いました。
2000年当時は長期不況の真っ只中で、会社の状況があまり芳しくなく、
半ば強制的に上司に進められ、入会した記憶があります。

その後、3年ほどで株価が大きく上がったこともあり、退会して現金化し、
クルマの購入費に当てました。確か2.5倍位に値上がってたいたので、
株式投資は上手くいけば、すごいお得だなぁと感じました。

<持ち株会後>
その後は、日々の出費も増え、貯蓄はボーナス時にまとめてするくらいで、
株式運用から遠ざかってしまいました。
今考えると、貯金額を増やすのも大変なのに、それを減らす可能性のある
株式運用なんて考えられない!と敬遠してました。

周りの人は新興市場が熱い、と運用している人が大勢いました。
そんな中のライブドアショックの時も、横目で「大変だな~」と眺めているだけでした。









テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。