40代サラリーマンによる長期投資
外資系IT会社勤務サラリーマンの長期投資
プロフィール

Author:ロメオ88
40代・都内在住の外資系IT会社に勤めるサラリーマンです。毎月投資資金を捻出し愚直に投資を行ってます。投資スタイルは「長期保有」+「定期購入」+「分散投資」。



最近の記事



Ranking

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

「なるほど」と共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



J-WAVE Web site



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年2月末時点の運用状況
 大荒れの2月が過ぎ、3月になりました。強烈に下げていた期間は、仕事が忙しく投資ことを考えている余裕が余り有りませんでした。それに輪をかけて、1月に行ったポートフォリオの修正の推移を見守りたいという思いも強く、取引は毎月の国内債券購入以外は実施しませんでした。中旬に国内預金から振り替えてリバランスをするという手も頭によぎりましたが、それをやりだすと切りが無い(さらに下がった時どうするか?というループ)のでもう少し様子を見たいです。

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 58.7.%
201602-01

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 60.2%
201602-02

<国内個別株>
(2267)ヤクルト
(2311)エプコ (NISA)
(2362)夢真ホールディングス (NISA)
(2391)プラネット
(2413)エムスリー (NISA)
(2668)タビオ 
(2764)ひらまつ
(2809)キューピー 
(2914)日本たばこ産業 
(3048)ビックカメラ 
(3079)DVx
(3082)きちり
(3099)三越伊勢丹ホールディングス
(3182)オイシックス (NISA)
(4298)プロトコーポレーション
(4589)アキュセラ・インク
(4708)りらいあコミュニケーションズ (NISA)
(4765)モーニングスター (NISA)
(5018)MORESCO
(5819)カナレ電気
(6178)日本郵政
(7525)リックス
(7594)マルカキカイ
(7606)ユナイテッドアローズ
(7730)マニー (NISA)
(8202)ラオックス
(8304)あおぞら銀行
(8410)セブン銀行
(9384)内外トランスライン 
(9413)テレ東HD
(9432)NTT 
(9728)日本管財

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)
個人国債(10年、変動)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (+α)
三菱東京UFJ (10万円)
セブン銀行(生活防衛資金)

<海外株 投資信託>
SMT・G・株式インデックス
SMT新興国株式インデックス・オープン

<海外債券>
無し

<海外預金>
無し

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月のサラリーから追加分を捻出しています
--------------------------------------------
 国内株では(4589)アキュセラ・インクの評価がいよいよ上がってきました。あっという間に上昇し、ついに2月末には2,000円台に乗せてきました。この銘柄のおかげでだいぶん救われている感じがします。2015年のうちに仕込んでおけたので、後は果報は寝て待て状態として、どこまで売らずに引っ張れるかが試されます。イメージとしては、(4565)そーせいグループのように大きく成長性てくれることを期待していますし、それだけのポテンシャルがあると思っています。今後が楽しみです。

 あとは冒頭にも記載しましたが、国内債券(10年、変動) をいつもの取り購入しました。このような低金利では、全く資産の増加には寄与しない状況ですが、下落への耐性を高めるアセットとして、目標レベルまでは積み上げたいです。

 
<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
201602-03

<各アセットクラスの状況>
201602-04

スポンサーサイト

2016年1月末時点の運用状況
 本当に厳しい年の始まりになりました。生活防衛資金はしっかり確保しているので、生活にすぐ影響が出ることが無いのですが、ポートフォリオの下落していくのを眺めるのは、やっぱり心地よくは無いですね。。月末に多少回復はしたものの、燦燦たる状況であることには変わりないです、でも、しっかり仕込みはしたと思っているので、ここからはどっしりと構えていきたいところです。


<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 60.1%
201601-01

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 64.8%
201601-02

<国内個別株>
(2267)ヤクルト
(2311)エプコ (NISA)
(2362)夢真ホールディングス (NISA)
(2391)プラネット
(2413)エムスリー (NISA)
(2668)タビオ 
(2764)ひらまつ
(2809)キューピー 
(2914)日本たばこ産業 
(3048)ビックカメラ 
(3079)DVx
(3082)きちり
(3099)三越伊勢丹ホールディングス
(3182)オイシックス (NISA)
(4298)プロトコーポレーション
(4589)アキュセラ・インク
(4708)りらいあコミュニケーションズ (NISA)
(4765)モーニングスター (NISA)
(5018)MORESCO
(5819)カナレ電気
(6178)日本郵政
(7525)リックス
(7594)マルカキカイ
(7606)ユナイテッドアローズ
(7730)マニー (NISA)
(8202)ラオックス
(8304)あおぞら銀行
(8410)セブン銀行
(9384)内外トランスライン 
(9413)テレ東HD
(9432)NTT 
(9728)日本管財

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)
個人国債(10年、変動)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (+α)
三菱東京UFJ (10万円)
セブン銀行(生活防衛資金)

<海外株 投資信託>
SMT・G・株式インデックス
SMT新興国株式インデックス・オープン

<海外債券>
無し

<海外預金>
無し

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月のサラリーから追加分を捻出しています
--------------------------------------------
 2016年度の目標をセットしました。住宅関連(頭金や諸費用)やその他諸々で大きな出費が予定も含めてあるので、国内預金を大きく減らしています。国内預金はほぼ生活防衛資金のみになった感じです。今回の出費のために今まで備えていた+αの部分はそんなに必要ではなくなってきたので、このような方針を当面は継続しようと思っています。

 国内株以外では、毎月の国内債券(10年、変動)を買い増ししました。日銀のマイナス金利導入により、ますます利回りは厳しい状況ですが、ポートフォリオの安全弁としての役割を期待して、これまで以上に一定の比率は確保しようと思っています。

 海外株は勤務先の株式が別勘定であり、かつ、401kは海外株Onlyなので、このポートフォリオでは控えめな比率に留める形にしました。新興国株式は厳しい状況がさらに進み、ひょっとするとマイナスに突入するかもしれないという寂しい状況です。そのような事態になったら、手数料の安い投資信託に乗り換えようかなぁ。

 
<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
201601-03

<各アセットクラスの状況>
201601-04


2016年1月の国内株取引
 2016年の初めから大荒れの市場に右往左往した月となりました。昨年からの原油安に引っ張られ新興市場の低迷が遠心力を増し各国の市場を乱高下に陥れました。

 それに釣られるように、私のポートフォリオも大きく毀損しました。そんな中、いくつかの銘柄を整理し、また、いくつかの銘柄は買い増しを行うことで、どこの銘柄に今後注力していくのかを明確にしていきました。この整理がうまくいくか、これからが楽しみです。

【購入】
(2764)ひらまつ
 ⇒一度は手放した銘柄ですが、やはり優待の魅力に負け、再度購入することにしました。ちょいちょいレストランを使う機会があり、やはりちょっと得した気になります。料理の単価は高いので、優待を利用することで少しでも懐をいたわりつつ、楽しく利用していきたいと思っています。ホテル事業もうまく軌道に乗るといいな、とも思っています。

【9728】日本管財
 ⇒優待目的の銘柄を一つ追加しました。100株以上の保有で2,000円相当のカタログギフト商品で、3年以上継続保有の場合3,000円相当となります。何が良いって、権利確定が3,9月と年2回あることです。業績自体も順調で、ビルの設備、警備、清掃を中心にした総合管理会社ということもあり、安定のストックビジネスです。末永く保有できればと思っています。

【追加購入】
(2267)ヤクルト
 ⇒はっきり言って高値掴みをしていた銘柄です。優待に目がくらみ食品株が軒並み高値を更新していた時期に購入したため、ずーっとマイナスの状況が続いています。業績自体はそれほど悲観するほどではないのですが、期待値以上ではないと思っています。とはいえ、伸びしろのない国内ではなく、海外(特にアジア圏)での浸透は着実に進んでいると思い、ここは平均単価を下げることで、将来の糧にしようと追加に踏み切りました。

(3082)きちり
 ⇒12月の権利落ち後にスルスルと下落してきたのを機に買い増しです。本当は権利落ち前に一部利確をしようと思っていたのですが、年末のバタバタで忘れていました。保有数を引き上げたので、今度こそはしっかり利益を確保できるように注視したいと思います。また、飲食銘柄は保有率が低いので比率を上げる目的もありますね。

(3099)三越伊勢丹ホールディングス
 ⇒株価が更にスルスルと落ちてきたので、再度追加購入です。個人的にはまだまだインバウンドの勢いは一時ほどではないですが、継続するとみています。為替が大幅に円高に振れていかない限り、個人消費レベルではまだまだ訪日外国人は衰えないという読みです。特にこれから迎える中国の旧正月にあたる春節前後の大型休暇には期待をしています。

(7730)マニー(NISA)
 ⇒12月の参入から続けての購入となりました。だらだらと下落しているのをいいことにポツポツと買い増しをしています。NISAでの購入といういうこともあり、長期の目線で上昇カーブをまた描いてくれることを期待しています。

(8202)ラオックス
 ⇒こちらも上記と同じ理由で買い増し(ナンピン)です。株価の変動が激しいので精神的にきますが、下落の勢いも止まってきたので、反転を期待したいものです。ここから大きくさらに下げるようだとリスク管理の観点から、撤退もしないといけないとは思っていますが、どうなるやら。

【全売却】
(3276)日本管理センター
 ⇒上記の購入原資にするために利益の乗っているこの銘柄をリストラ対象としました。理由は不動産銘柄の比率を下げたかったからです。いつか記事にしますが、今年、不動産の大きな買い物をする予定なので、REIT以外はちょっと比率を落とそうと思った次第。日銀のマイナス金利突入を機に大きく反転しそうですが、その恩恵はREITで受けることで我慢しようかと。


【一部売却】
(7594)マルカキカイ
 ⇒ちょっと売却するタイミングを逸した感じがありましたが、いったん優待対策の100株を残し、撤退です。11月末の権利確定前後でもう少し処分をすればよかったと若干更改していますが、トータルではある程度満足のいく利益を確保できたので、良しとしないといけません。しかし月初に決断してよかった…月末にかけてホントに下落したからなぁ。。

(9384)内外トランスライン
 ⇒こちらも12月の権利落ち後に200株を残して撤退です。悪くない銘柄なのですが、優先順位を落とすために決断です。毎年選んでいるのは「カゴメ フルーツ&野菜飲料ギフト」で、とても重宝していることもあり、完全撤退は今後もしない方針です。

 
 こう見るとはやり変動の大きい月は売買頻度が高くなることがよく分かります。本当は安定している高値圏で整理をして余力を貯めておき、このような変動時に動く、ということが出来ればパフォーマンスが改善されること分かってはいるけど、実行できていないのが現状です。まだまだメンタル面の修業が足りないですね。。





2015年12月末時点の運用状況
 今年の年末は曜日に恵まれず、短めの正月となりました。人によってはクリスマスあたりから休暇を取られているので、羨ましいですね。営業である私は年末対応、忘年会、納会と最後まで働いていましたが。。

 2015年を振り返ると、厳しい結果となったな、につきます。昨年比マイナス成長となり、7.1%の日経平均にボロ負けしてしまいました。特に国内不動産、海外株が冴えなかったのが影響しています。そして今まで成長を牽引していた国内株も夏以降大幅に失速し、銘柄選定に難があったな、と反省をしているところです。 

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 56.1%
201512-01

<内側:現状 外側:目標> Total Performance : 71.7%
201512-02

<国内個別株>
(2267)ヤクルト
(2311)エプコ (NISA)
(2362)夢真ホールディングス (NISA)
(2391)プラネット
(2413)エムスリー (NISA)
(2668)タビオ 
(2809)キューピー 
(2914)日本たばこ産業 
(3048)ビックカメラ 
(3079)DVx
(3082)きちり
(3099)三越伊勢丹ホールディングス
(3182)オイシックス (NISA)
(3276)日本管理センター
(3512)日本フエルト
(4298)プロトコーポレーション
(4589)アキュセラ・インク
(4708)りらいあコミュニケーションズ (NISA)
(4765)モーニングスター (NISA)
(5018)MORESCO
(5819)カナレ電気
(6178)日本郵政
(7525)リックス
(7594)マルカキカイ
(7606)ユナイテッドアローズ
(7730)マニー (NISA)
(8304)あおぞら銀行
(8410)セブン銀行
(9384)内外トランスライン 
(9413)テレ東HD
(9432)NTT 

<国内債券>
日興MRF (マネックス証券口座)
個人国債(10年、変動)

<国内預金>
CitiBank (生活防衛資金+α)
ゆうちょ (+α)
三菱東京UFJ (10万円)
セブン銀行(生活防衛資金)

<海外株 投資信託>
SMT・G・株式インデックス
SMT新興国株式インデックス・オープン

<海外債券>
無し

<海外預金>
無し

<国内不動産>
(1343)NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

※国内外で債券預金に対する考え方が若干異なります
※Total Performanceは元本比です
※元本は毎月のサラリーから追加分を捻出しています
--------------------------------------------
 国内株の取引以外は、いつもの国内債券(10年、変動)を買い増ししただけです。海外株はFRBの利上げに伴い波乱があれば久しぶりの買いを入れようと思っていましたが、思いの他、ソフトランディングで触手が動きませんでした。

 いつものことですが12月は、ボーナス、年末調整と他の月より懐が温かくなります。おかげでリスク資産への元本追加も予定以上に行うことが出来たのは良かった点です。

 2016年は生活環境も大きく変わる予定があり、目標を大幅に修正する予定です。そのあたりの記事は年明けにしようと思っています。40代を充実させられるように投資以外にも公私ともに頑張っていきたいです。
 
<生活防衛資金を含まないTotal Performance>
201512-03

<各アセットクラスの状況>
201512-04


2015年12月の国内株取引
 2015年の取引も終わりました。年の終わりということもあり、税金対策の売買も行いました。個人消費がなかなか盛り上がらない中、懲りずに流通業を売買しています。やっぱり普段の生活で馴染みのある銘柄に目が行ってしまうのは、よろしくないことだなと思っているので、もう少し投資先の研究ができる時間を確保しないとな。

【購入】
(7730)マニー
 ⇒手術用縫合針、眼科ナイフ、歯科用治療器で高シェアのマニーを新規に購入しました。PBR3.56倍、PER25倍前後と指標的には割安ではないですが、明確なビジョン、競争力のある製品、将来性、強固な財務と、魅力的な要素でいっぱいです。ちょっとづつ積み増していきたいです。こちらはNISA枠で購入です。

(8202)ラオックス
 ⇒一度撤退したラオックスに懲りずに参戦です。不法就労による書類送検の情報が事前に漏れていたのか、きれいに右肩下がりの株価となりました。ポテンシャルは以前よりも落ちて(成長スピードがちょっと落ちたかも)いますが、やはり魅力的な底力はあると思っています。更なる下落のリスクもありますが、どうなりますか。

【追加購入】
(4589)アキュセラ・インク
 ⇒11月に続き追加購入です。月末にかけて今後の動きを占うようなストップ高もありました。ますます今後が楽しみです。

(3099)三越伊勢丹ホールディングス
 ⇒株価がスルスルと落ちてきたので、追加購入です。優待枠を広げる目的だけですね。

【一部売却】
(2362)夢真ホールディングス
 ⇒年末の税金対策として、全くさえない状況が続いている夢真をいったんすべて売却しました。そして同時にNISA枠で一部買戻しをしました。創業者が社長を息子に譲り、会長に就任したのを不安視しています。息子の経営手腕は未知数で、発言を見ているとちょっと偉大な親父を超えるのは時間が掛かるのかなぁと思い、保有量を大幅に減らして、様子を見たいと思います。


 ※2015年ももう終わりです。40の大台に乗ったので、タイトルを40代~に変更しました。。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。